場所取り

e0197434_19373809.jpg
バーニーの定位置は今は洗面所です。
誰かがお風呂に入るときも動きません。
この時期、湿気もあるので、耳に悪いといつも怒られます。
でもやめられない。


マシューの姿が見えないのでどこに行ったのかと思ったら。


e0197434_19411309.jpg
奥にいた。
実はマシューもここが好き。
囲まれていて、少し暗くて、安全地帯みたいなのかな。
だから取りっこにもなってる。



e0197434_19434815.jpg
おやおや。
せっかく場所取りしたのに、落ち着かないご様子。
バニはすっかり寝ているし。
困ったねー






[PR]
# by brighten-s | 2018-06-22 19:37 | | Comments(0)

荒川

e0197434_18470057.jpg
いつもの芝川とは違う景色。
慣れ親しんだ寄居町の荒川玉淀河原。
寄居駅に向かう正喜橋からの眺めです。


e0197434_18490566.jpg
こちら側は毎年春には北条祭り、夏には水天宮の花火があります。


梅雨の時期で水量が多いですが、
6月には鮎が解禁になり、釣り人も見かけるところです。

左側の崖の上が鉢形城趾。
天然の要塞と言われました。
崖の淵から荒川を臨む景色が一番寄居らしい眺めです。



e0197434_20111850.jpg
橋のそばに新しいスーパーができていて、
河原に向かって公園がありました。


e0197434_20122774.jpg
降りて行くと。



e0197434_20124930.jpg
橋を下から見上げます。
これもまたいいな。


この日はお友達のお見舞いに行きました。
以前はよく行き来した気さくな友達。
編み物を教えてもらったのが始まりで、
バドミントンやお花巡り、買い物といろいろ話の合う人でした。
「会おうよー」と言われていたのに会わずにいて。
この日も会えなかったけど、様子だけは聞けました。

「また会おうね」と言って、
いつかまた必ず会える保証なんてどこにもない。
それを忘れたらいけない。


ご家族の辛さを思うと梅雨空のようにどんよりした気持ちでした。















[PR]
# by brighten-s | 2018-06-18 20:29 | | Comments(2)

雨上がり

e0197434_11484189.jpg
雨上がりの湿気もなく爽やかな日です。
庭の木がグングン育っております。


e0197434_11504711.jpg
トンボが飛び込んで来て、
虫大好きのマシューに見つかりました。
もう虫に目がないの!


e0197434_11530879.jpg
こちらバニさん。

左手にオヤツが乗ってるよー

教えてあげても全然気づかない。


e0197434_11544438.jpg
またまたやって来たお方。
こういうのは抜け目ない。
パクッといただいて帰りました。

それでも気にしない心の広ーいバニ。
というか、大きなオヤツしかいらないのか!



e0197434_15494474.jpg
ワタシ御用達の田舎スタバに行った日。
このエスプレッソのフラペチーノ美味しい♪
これならトールでいけるかも。


この日は須賀敦子だったけど、
今読んでいるのは和田竜の「村上海賊の娘」
瀬戸内が舞台の本が読みたいと思って。


そうしたら、なんと
e0197434_18351184.jpg
まさしく舞台はしまなみ海道‼︎
鞆 の名前もある。
因島の上の大きな島がたぶん向島。そして対岸が尾道です。
信長の時代、そこに海賊がいたなんて…
しかも娘⁈ 
久しぶりの冒険活劇です。


あ、さっきのトンボね。
外に出してあげたのに、
「頭、ちぎれてるよ」ってマシュー父さんがΣ(゚д゚lll)













[PR]
# by brighten-s | 2018-06-13 19:15 | | Comments(0)

梅雨前

e0197434_18332448.jpg
芝川土手の草刈りがありました。



e0197434_18340994.jpg
マシューもたじろぐ雑草林だったけど、
スッキリ!
これで夏を乗り切ります。



e0197434_18355215.jpg
見沼田んぼ。今このくらい。



e0197434_18364541.jpg
いい眺めですね。



e0197434_18372205.jpg
この日も用水を味見しておりました。



e0197434_18381236.jpg
カモさん。
朝食後のひと休み中かな。



e0197434_18391915.jpg
田んぼの交差点に大きなタチアオイ。



e0197434_18403631.jpg
この木は何でしょう。
オレンジの花がたこウインナーみたいだった。
面白い。



e0197434_18414547.jpg
こちらは南国風。
夏空には濃い色の花が似合います。



e0197434_18431271.jpg
私の好きなシャクヤクの畑も主役が交代してました。
まだ風が気持ちいい見沼です。






e0197434_18450543.jpg
一方、団地コースのバニ。
前方にカモさん発見!



e0197434_18460322.jpg
最近、朝、よく散歩してるそうです。
車に気をつけてねー







[PR]
# by brighten-s | 2018-06-08 18:33 | 自然 | Comments(2)

尾道

e0197434_16401204.jpg
もう1週間も経ってしまったので、
忘れないうちに旅の2日目尾道のことも書いておきましょう。


尾道駅前のホテルは瀬戸内海に向いて立っていました。
「自転車を借りるなら7時くらいにはもう並ぶこともありますよ」
とチェックインのときに言われましたが、
何の説明かよくわからなかった私たち。
朝になって、その訳を知りました。


7時前、海沿いのボードウォークにはすでにサイクリストの姿。
それも、軽井沢のサイクリングとは違い、
皆上から下までバッチリのスタイル。


e0197434_16512863.jpg
しまなみ海道サイクリングロードのスタート地点だったんですね。



e0197434_16533749.jpg
ホテル隣のフェリー乗り場から向島に渡り、
そこから乗り出します。
外国人の方もチラホラいらっしゃる。
ゴールの今治までは70キロほどだそうです。


e0197434_17053692.jpg
向島一周くらいするかしないか、マジで迷いましたが、
何の用意もなく無謀だと判断しました。
やっぱりね。



e0197434_16584562.jpg
近くのU2というホテル兼お店で朝食。



e0197434_17010081.jpg
窓の外には出発を待つ人たちがいっぱい。
期待と興奮、そして緊張がこちらにも伝わってくるようでした。



e0197434_17064804.jpg
私たちは尾道定番コース。
ロープウェイで千光寺の展望台へ。


e0197434_17082489.jpg
こんなところで育ちたかったな…


小さな町の商店街で生まれ、
家族やら親戚やらご近所やらとワサワサ育ち、
記憶に残る自然の景色もない私。
今でこそ、見沼田んぼが大好きだけど、
振り返ると思い出す風景は駅前通り商店街。
もうそこには実家はなく、昔の商店もない。
なんとなく糸の切れた凧のような気持ちにもなる。
母方の実家は京都で、伏見稲荷周辺は懐かしい。
でも、京都はなぜか敷居の高いところ。
人付き合いが苦手だった母の距離感が関係しているかもしれない。
だから、帰りたい景色、いつもどこかでそれを求めている。



e0197434_17101053.jpg
天寧寺からの眺め。
この塔は何百年も尾道の町と海を見てきたんだなあ。



e0197434_17141388.jpg
市街に降りる道には猫が多いようで、
猫にちなんだお店もあります。
細い路地が面白い。


e0197434_17161562.jpg
ロープウェイ乗り場の近くにあるお茶屋さん。


e0197434_17170534.jpg
利き茶のメニューがありました。
九州、京都、静岡、そして尾道ブレンド。
それぞれの特徴がありますね。
関東は香りを好み、関西はダシの文化で味を好むそうです。

利き茶はお店の息子さんの担当でしたが、
帰り際にお父上ともご挨拶。
尾道水祭りのお話を楽しく聞かせてくれました。
最後にランチのおすすめのお店を尋ねたら、
「あんまりおいしゅうない言うお店なら、いくつか知っとるけども」
と言われて大笑い。
この日はおじいちゃんにやられました。
すっかり名前を忘れてしまって行きそこねたのですが、
「安弘」おいしい魚が食べられるそうです。
お店の外まで並んでいましたよ。
違うお店で食べた後に見つけたので残念。
また、リベンジしますよ。



e0197434_17335113.jpg
尾道駅からすぐにある映画館。



e0197434_17355305.jpg
シネコンではないところに、
何度もロケ地に選ばれている町のプライドを感じます。



e0197434_17365110.jpg
こちらも有名なお菓子のお店。



e0197434_17372804.jpg
濃厚なプリンがおいしかった。
お魚にはレモンソースが入っています。


駆け足の旅行でしたが、お天気にも恵まれ、
初めてなのに懐かしい気持ちにもなって、
やっぱり瀬戸内海は好きだなと改めて思ったのです。















[PR]
# by brighten-s | 2018-06-03 23:09 | | Comments(4)