さいたま芸術劇場

e0197434_23592567.jpg
彩の国さいたま芸術劇場。
ジュリアス・シーザーを見て以来。
蜷川幸雄のバトンを受け継ぐ舞台です。
この劇場は本当によくできてる。
外観は無機的だけど、中はいろいろ凝ってます。


e0197434_00045519.jpg
ギャラリーには蜷川幸雄のコーナーもありました。


ヘンリー五世は英仏戦争の話で、
やんちゃな王子が王位を継ぎ、国を動かす王として苦悩する姿を描いています。
吉田鋼太郎演出はエンターテイメント性が高く、
王はあくまでシリアスに描かれていたけど、蜷川版も見たかったと思いました。
あと、1階席で見たかった(u_u)
お芝居のチケット取るのホント難しい。


観劇前に食事をしていて、12月にカンボジアに行ってきた話を聞いて。
スマホの写真を見せてもらい、それだけで引き込まれてしまいました。


e0197434_00191236.jpg
アンコールワットを臨んで。


遺跡はテレビでも見ていたけど、特に心動かされることもなく、
行った人の話を聞いても興味は湧かなかったのに、
なぜかそのときスマホにあった何枚かの写真にとても感動してしまいました。
遺跡に昇る朝日も印象的だった。


数日前にキネ旬の助演男優賞を松坂桃李が取り、
7年前にキネ旬新人賞をもらった映画が「僕たちは世界を変えることができない」
医大生がカンボジアに学校を建てる実話で、プライムで見てみました。




癒される風景の裏にある過酷な現実。
貧困と不衛生。今も残るポルポト政権の爪痕。
エイズ患者と地雷の数は世界でも上位に入るらしい。
アンコールワットにも物売りの子どもたちが群がってくるそう。
でも観光ホテルは先進国レベルという。

世界を変えることができないという絶望の中にありながら、
学校を建てることをやり遂げた彼ら。
医師となった今も、病院や保健施設を建設中とネットにありました。

4人の俳優の中でも松坂桃李は存在感があったかな。
今は皆売れっ子になっているけど、まだ少し硬い感じもあって初々しい。
7年経っていい役者になりました。
シェークスピアの長ゼリフも自分のものにしていたし。
今回受賞した「孤狼の血」。東映ヤクザ路線は苦手だけど見てみたい気もする。


e0197434_15423654.jpg
ヤクザなマシュー。
庭の先にネコがいると、こんな風に背中の毛を立てて威嚇します。
毛が立つってどうなってるの⁈


e0197434_16523790.jpeg

この日は貸し切りで入れなかったけど、芸術劇場近くのカフェ。
中もかわいいよ♪と聞いています。
ランチ候補に入れよう。
















# by brighten-s | 2019-02-17 15:45 | Comments(0)

立春過ぎて

e0197434_17463390.jpg
日曜日の朝。
立春を過ぎた後に大寒波がやって来て、
土曜日に小雪が舞い、
朝、薄っすら積もりました。


e0197434_17494764.jpg
雪に気づいたマシュー。
行きたくて仕方ない。
玄関にダッシュ!



e0197434_17543095.jpg
畑もこのくらい。
走って行ったけど…



e0197434_17561736.jpg
今ひとつヒャッホー感はない様子。



e0197434_17574618.jpg
雪投げてー!

いつ投げてくれるか遊ぶ気満々だけど、
でも雪玉にならないよ。



e0197434_17584574.jpg
なんとなくスンスンを繰り返す。




e0197434_17592315.jpg
あっちやらこっちやら。


e0197434_18001466.jpg
雪の粒が見えるね。






e0197434_18000294.jpg
少しは楽しめたかな。
山小屋のラッセルに比べたら物足りないけど、
雪大好きのマシューにはよかったね。








# by brighten-s | 2019-02-11 17:46 | | Comments(0)

立春

e0197434_08463291.jpg
立春を過ぎて温かかったり寒かったりと、
季節が行ったり来たりしています。



e0197434_08481827.jpg
菜の花が咲いていました。



e0197434_08490121.jpg
陽当たりがいいのでしょうね。



e0197434_08494290.jpg
バニと水仙。



e0197434_08510497.jpg
わが家のクリスマスローズも花芽が上がってきました。
3株ありますが、毎年揃ってのんびり開花します。


e0197434_08532917.jpg
寒い間は部屋に入れたゼラニウムが咲いています。
葉っぱが小さくて…どうしてかな。



今日は気温が高い予報。
でも土曜日は雪マーク。
人間には暦が実感できなくても、
自然はしっかり掴み取って私たちに示してくれます。
マシューもお散歩の後に水が飲みたくなってるし。
そう言えばバニも耳がかゆい(*_*)

月日の流れ、季節の移り変わりを、
身近な小さいところから感じていきたい。













# by brighten-s | 2019-02-07 08:46 | 自然 | Comments(0)

日本橋

e0197434_11354656.jpg
「女子会やろうよ」と叔母たちに誘われて日本橋にやってきました。
女子会は歳関係ないのね。



e0197434_11374437.jpg
三越のライオンさん。
みんなが手をなでるのでツルツルです。
誰にも見られずにまたがると合格するというジンクスがあるらしい。


e0197434_11405307.jpg
入り口には和紙で作られた孔雀が優雅に羽を広げる様子が見られます。



e0197434_11421204.jpg
立派な建物です。
日本橋は三井家のエリア。
呉服の越後屋が始まりだと思う。
それが金融業にも広げていって財閥に。
江戸博物館にジオラマあったな。



e0197434_11443570.jpg
ビルの谷間に神社。
大きな鳥居です。



e0197434_11450799.jpg
建て直されていると思いますが、こじんまりしたきれいな社殿です。
お参りの方もいらっしゃいました。


e0197434_11495276.jpg
振り返ると江戸の雰囲気。
再開発し、小さなお店がビルに取り込まれましたが、
昔の面影をどこか残しているんですね。
ベビーカーを押したママさんたちも散歩中。



e0197434_11532818.jpg
魚河岸が近いので日本橋は魚関係のお店が多かったようです。
だし、鰹節、海苔の老舗があちこちにあります。
叔母の案内で、ここは有名とかここは何が美味しいとか、
だれと来たとか何を買ったとか、いろいろと。
そういう話が聞けるのがまた楽しい。

お正月のドラマで江戸物がありましたが、
そこに出てきたニンベンも日本橋。


e0197434_11591599.jpg
千疋屋でお昼にするということで、
やっぱりフルーツサンドをいただきました。
贅沢な空間で、女子会。
よくしゃべるねー


日本橋はアンテナショップが勢ぞろいしていて、
地方の名産品が手に入ります。
三重県、新潟県、奈良県、富山県…
いくつ入ったかな。
あれこれあれこれ、グルグルグルグル。



e0197434_12020738.jpg
日本橋の麒麟。
もう新参者でしかないね。あのドラマも映画も大好き。
ちなみに橋の上にかかる「日本橋」の文字は慶喜公の直筆だとか。
叔母から聞きました。
「箱根駅伝はここから曲がるのよ」
駅伝ファンでもあります。
川下りもすでに体験済み。
それでもまだ行きたいところや食べたいものがあるそうで、
「日本橋大好きなのよ」とウットリしてました。
そういう気持ちって大切!

江戸博物館にある江戸時代の日本橋を思い出し、
コンクリートで舗装され、車の往来も激しく、
上には首都高が走る今を誰が想像したかしらと思いました。


e0197434_12244259.jpg
日本橋を渡って、最後は榮太棲でお汁粉。
よく歩いてしゃべりました。
母がもういないので、母に重ねて実家気分も味わいました。
ありがとう、おばちゃん。


e0197434_12285276.jpg
帰りに一人で寄り道。
応挙の雪松図と動物アート。
奈良の鹿の番組を見たばかりで、
山小屋に行ったとき、夜会った鹿の美しい立ち姿も忘れられず、
引き込まれるように入りました。

神の使い、また禄という読みとも通じ、非常におめでたい動物とされた鹿。
ハリーポッターのお父さんも鹿の姿で現れたような…
突然出会ったときのあの凛々しい姿、こちらを見る目の優しさは、
どれだけ深い印象を残すことか。
それは昔の人も同じだったことでしょう。

応挙の鹿もありました。棚の扉絵だったでしょうか。
紅白の梅の花と一緒に華やかな色合いで。
絵葉書がなかったのが残念です。


e0197434_12430797.jpg
奈良つながりで、奈良県のショップで買ったわらび餅。
吉野葛かしら、おススメどおりむっちゃ美味しかった♪







# by brighten-s | 2019-02-02 11:35 | | Comments(0)

しつけ方教室 2

年の初めから、大坂なおみ選手といい、サッカー日本代表といい、
若い世代の力を見せつけられて、
これからの日本も捨てたもんじゃないよ!と思いました。


西野元監督が、「アジアカップは優勝しないとダメだよ。
イランくらいでしょ、気をつけなきゃならないのは」と言ってたけど、
見事にゼロに押さえて勝ちました。
気持ちいいゴールでしたねー


解説は山本昌邦さんだと思いますが、
地味ですが私は大好きで、
「勝ったという結果は成長させない。
勝ちたいという気持ちを持って戦い続けることが成長させる」
と言っていました。
今年の標語にしよっ!
サッカーやってないし、若くもないけど笑

ザックのUAEと決勝対決かな。




e0197434_23493755.jpg
土曜日はまたさいたま市の犬のしつけ方教室に行きました。
今回はレクチャーのみで撮影禁止。

初めから「家の中で自由にさせていたら問題行動は治りません!」
と一発かまされました。
「犬は吠えます」
確かに…

前回も今回も、講師の先生は犬の代弁者でしたね。
なんだか「うちの犬、困ってるの」という飼い主に、
犬本人が「ちょっと待った!」を言ってる感じ。


e0197434_23570872.jpg
「窓から外を見て吠えるときは外が見えないようにしましょう。
犬にとっては見える範囲がテリトリーです」
だよね。
こんなに見えてちゃ、猫が歩いたり人が見えたら不審者だもん。
玄関を一歩出たら、歩いてる人にもう吠えてしまうし。
守備範囲広すぎ。



e0197434_00011585.jpg
「大体、犬は暇で退屈してます。散歩だけでは足りません」
わかるよ。ゴメンね。


犬を飼う。
犬と暮らすとは、犬を知って欲求をうまくコントロールする。
ルールを変えない。
適度に裏切り、犬の言いなりにならない。
少し距離を置いたクールな関係を築く。

お母さんも勉強します。


e0197434_00080648.jpg
お利口なバニ。
何にも教えてないけど…
気を遣っていただき、とても助かっています♪


e0197434_00244197.jpeg

あら、初めまして。お名前は?
長い看病の末に愛犬を亡くされたお友達の娘さんのパピー。
あなたの存在でどれだけ救われることでしょう。






# by brighten-s | 2019-01-29 23:35 | | Comments(0)