しつけ方教室

e0197434_18585989.jpg
あら、かわいい!保育園かしら?
と思ってしまう入り口。
さいたま市動物愛護ふれあいセンターです。
プロのトレーナーさんとデモ犬によるしつけ方教室に行ってきました。
やっぱりマシューの吠えが気になって。



e0197434_19015504.jpg
入り口から入ってすぐ左。
園庭のようなところでは譲渡犬をすぐそばで見られます。
扉が開いていて、触れることもできます。



e0197434_19045095.jpg
ワオ!こんにちは!
4匹出ていました。



e0197434_19070298.jpg
しつけ方教室は2階で。樅山先生とエルンちゃん。
両側に椅子が並び、真ん中でデモンストレーションが行われます。



e0197434_19101049.jpg
皆さん真剣にメモ取り。写真や動画もOKです。
今回のテーマは吠え、噛み、トイレでした。
吠えにはフォーマット・トレーニング。
初期化ですって。
一回クールダウンさせる。



e0197434_19133546.jpg
先生の講義中、お部屋を歩きまわってナデナデをおねだりするエルン( ^ω^ )
隣の友達をすっかり気に入り、
と言うかいつまでも撫でてくれるので居座ってました。
14日で8歳になった黒ラブ。茂原市出身。
先生の飼い犬です。



e0197434_19183910.jpg
噛んだときに口を開ける方法。
犬歯の後ろの隙間に親指と中指を入れると開くそうです。
エルンちゃん、このデモあんまり好きじゃない感じでしたねー笑
トイレのさせ方の説明では、
いつもの布を出して「ワン、ツー」と先生が言うと、
ちゃんとオシッコもしてくれたんですよ。
エルンちゃん、お疲れさま。ありがとう。


e0197434_19293819.jpg
譲渡犬で気になっていたワンコ。
柵から飛び出してしまうので裏にいますと書いてあり、
「譲渡希望ではないんですけど」と断って教室のあとで会わせてもらいました。




e0197434_19332049.jpg
なのになぜかフサフサのお尻だけ…
バニに色味が似ていますが、バニより体高は低く小さめです。
アイパンチはなく、白い優しいお顔。
でもバニより全然毛が長くて多い。うらやましい。
来てすぐにお腹を出してナデナデ要求してきました。
ランでもすぐに戻って来てまったりしてるそうです。
外に出たいかな。
家族見つかるといいね。


こちらのサイトでトーマスのお顔が見られます。


トレーナーの先生の話で印象に残ったこと。
犬は不安定になりやすい動物。
飼い主が落ち着いて安定させることが大事。
人間の子供と同じように思い通りにはなかなかならない。
しつけには卒業はなく、そのときそのときできることをきちんとやる。
あまり犬の行動が問題だと捉えすぎない。
どうして犬を飼ったのかを思い出し、何を一緒にやりたいかを考えよう。


e0197434_20114422.jpg
センターの前にはランがあります。
散歩などの体験用のランです。
センターにいるワンコの散歩もしているようです。
きれいな犬舎に広いラン。
スタッフは市職員だと思いますが、犬が好きで世話に慣れている様子。
ここに保護されるのはラッキーではないけれどもラッキー⁈
そう感じました。
家族のいないワンコが1匹でも減りますように。


















[PR]
# by brighten-s | 2018-12-15 23:20 | | Comments(2)

紅葉

e0197434_19233900.jpg
今朝は初霜が降りた見沼です。
朝の散歩が寒かった。
山の朝を思い出しました。



先週の火曜日は20度超えの暖かさでしたが、
紅葉を見に長瀞に出かけました。


途中でやっぱり懐かしい寄居町で寄り道。
e0197434_19331129.jpg
鉢形城歴史館。



e0197434_19294742.jpg
の裏手の散歩コースです。




e0197434_19321832.jpg
ここはアンディとも歩いたところ。
お気に入りの散歩コースです。



e0197434_19354202.jpg
エドヒガン桜。
満開の姿はそれは見事です。



e0197434_19365034.jpg
道を渡って城跡へと向かいます。
カエデの美しかったこと。



e0197434_19384195.jpg
鉢形城跡から町を臨みます。
向こうには里山の紅葉が見えます。
眼下には荒川。自然の要害ですね。



e0197434_19424150.jpg
笠雲がかかっていました。
ここから見える荒川の岸は夏の水天宮花火大会の観覧席。
岸一帯が人で埋め尽くされます。
小さな町の夏の一大イベントです。



寄居町から140号線で長瀞へ。
e0197434_19544603.jpg
岩畳は紅葉していました。




e0197434_19565975.jpg
岩山を縫うように流れる荒川。
山から見ても岸から見ても、そして川から見てもまた良し。



e0197434_20021433.jpg
川下りの船が出ていました。



e0197434_20031985.jpg
宝登山神社参道から見る里山。
生まれ故郷ではないけれど、
寄居長瀞エリアはすっかり第二のふるさとになっています。



e0197434_20051166.jpg
長瀞駅近くにあるそば粉のたい焼き。珍しい。
東御の雷電焼きに似たパリっとした皮でおいしかった♪
宝登山神社の茶店で焼きだんごも食べ、ヤマブの田舎味噌も買い、
帰りには友達のお見舞いもかない、
ミッションコンプリートのお出かけでした。











[PR]
# by brighten-s | 2018-12-11 20:30 | 自然 | Comments(0)

氷川参道

e0197434_17434029.jpg
朝。食事中の鳩を見るバニ。
このマットの位置、バッチリだね。


e0197434_17463519.jpg
今日はお天気もいいので、
マシュー父さんが前から気になっていたさいたま市立博物館へ。
大宮の氷川参道沿いにあります。


実は博物館の少し先がマシュー父さんの生まれたところ。
かぶきやさんのお隣だったそうです。


e0197434_17481454.jpg
 あーこんなだったねー


e0197434_17493487.jpg
明治になって大宮に駅ができ、町として発展したようです。

ということは大宮のほうが浦和より先輩なのか⁈
でも浦和は中山道の宿場町で古くから賑わっていたし。
浦和は行政の中心になっているけど、財政を支えてるのは大宮だとか。
さいたま市として一つになった今も、
そんな両者の静かなバトルが今も続いているらしい…


e0197434_17584740.jpg
江戸の米どころだった見沼田んぼ。
農家の暮らしも紹介しています。
この脱穀機はマシュー父さんが入り浸ってた近所の農家にあったって。


e0197434_18193412.jpg
参道のジオラマ。
氷川神社がいつの時代も人々とともにありました。


e0197434_19242280.jpg
そして今日の参道。
氷川神社は十日市の準備が始まっています。
熊手のお店も飾り棚の組み立てに取り掛かっていました。
上の方までぎっしり飾るんですよね。



e0197434_19252533.jpg
本殿ではお宮参りや七五三のご家族もいて、
華やかな雰囲気でもありました。



e0197434_19272463.jpg
噴水池の奥。モミジがきれいなこと。



e0197434_23054264.jpg
買わずに帰れない参道脇の氷川だんごの酒饅頭。
今回初めて買ったその場で食べました。
うまい!
これぜったいに買ったらすぐ食べてほしい。
おみやげでもおいしいけど、何十倍も感激します。




e0197434_19283849.jpg
明日はさいたまシティマラソン。
明後日は氷川神社の十日市。
そして水曜日は浦和調神社の十二日まち。
師走のイベントが続きますよ。



e0197434_23121657.jpg
おまけに浦和パルコで明日まで開催の猫休み展。
かわいいニャア♪











[PR]
# by brighten-s | 2018-12-08 23:43 | | Comments(0)

ワンコカレンダー

e0197434_22441278.jpg
今年の1日1ワンコカレンダーも残り少なくなってきました。

1日のままになっていたのに気づき、
あらあらごめんねとめくっていたら、
なんと3日はマーちゃんでした!
パピーの頃に似てる( ^ω^ )
いや、こんな真っ白ではなかったけど、とっても思い出す。


mixとあったので、やっぱりねーと思ったら、
ハスキーとポメのmixで Pomsky と言うんですって⁈
へぇ〜。
かわいい♪


e0197434_22533422.jpg
マシューさん、胸の毛並みも似てないか?

ワンコカレンダーはこういうサプライズが嬉しい。


e0197434_22552461.jpg
フラットのアンディ。


e0197434_22562209.jpg
シェパードのレディ。

もう会えないワンコがヒョイっと顔を見せてくれると最高のプレゼント。
私の知らない写真だから、
まるでどこかで生きているように思える。


バーニーを飼うきっかけも、このカレンダーの写真。
そうだ!来年のカレンダーも早く頼まなくちゃ。






[PR]
# by brighten-s | 2018-12-05 22:44 | | Comments(0)

12月

e0197434_19395876.jpg
12月に入り、朝晩は冬らしい景色になってきました。


e0197434_19412646.jpg
北浦和公園。
昼間は暖かですが、紅葉も一気に進んでいます。



e0197434_19430588.jpg
都美術館の版画展。
公募作品から入賞した版画が展示されています。


なぜ今回見に来たかというと、
アヒルが繋ぐ縁なのです。
もともとマシュー父さんは鳥が好き。
それが高じてアヒルを飼っていた友人に刺激され、
ちょうど犬のいない時期だったので我が家でもアヒルのペアを購入しました。
もうずいぶん前の話。

その後メスのピータンは足を悪くして早くに死んでしまい、
アンディを飼い始めたこともあって、
オスのアータンを里子に出したのです。
カモを飼っていたKさんはとっても可愛がってくださり、
アータンは幸せな余生を送りました。


そのKさんが版画展に出展されているのです。
やっぱりアヒル!
版木の状態で、掘り跡がくっきりと出ています。
かわいい♪


e0197434_19575250.jpg
こちらは愛犬のスプリンガーと。
愛情あふれる作品でした。



e0197434_20423965.jpg
ほかにもたくさんあり、これは来島。
一目で瀬戸内海だなぁと思いました。
大好きな景色。版画もまたいいな。


e0197434_20451074.jpg
小学校高学年の最優秀作品。
デフォルメ感が半端ない、ユーモラスな魚。
油絵のようにも見える、インパクトある版画です。



e0197434_20494393.jpg
これはまた版画とは思えないような色使い。


何点あったでしょう。200点以上はあったかも。
出口でお話ししたお当番の方、おそらく出展者。
「みんな小学校で習ったことをそのままやってるんだから」
いやいやそんな風には見えません。
素晴らしい技術です。ありがとうございました。


e0197434_20560018.jpg
上野公園でも大きなシャボン玉が飛んでいました。


e0197434_20570328.jpg
子供が大喜び。



e0197434_20575502.jpg
ルーベンス展。
ミケランジェロに魅せられ、肉体の柔らかさと美しさを追求したルーベンス。
彫刻も一緒に展示することで、
ルーベンスの目指した絵画を少しだけ理解することができました。



e0197434_23465100.jpg
フランダースの犬でネロが最後に見た絵。
十字架昇架と十字架降架。
礼拝堂の祭壇画だからか今回は実物を見られなかったのでカード購入。
実にドラマチック。
ぜひ一度現地で見てみたい。



e0197434_22403984.jpg
黄葉と西郷どん。
上野の山が歴史を変える闘いの場となったことも噛みしめてパチリ。

















[PR]
# by brighten-s | 2018-12-01 23:39 | | Comments(0)