2018年 05月 10日 ( 1 )

GWのお出かけ

e0197434_22005518.jpg
GWも終わり、すっかり雨続きの日常です。

GWはマシュー父さんがひとり旅を決行したので、
私はワンコとお留守番組でした。
でもじっとしていないワタクシ、見沼探訪へと出かけました。

自転車で15分も走ると見慣れない風景が広がります。



e0197434_22095095.jpg
総持院。
見沼区の観光スポットの一つです。



e0197434_22110712.jpg
牡丹の名所。



e0197434_22114820.jpg
残念ながら、今年はGW前にほとんど咲き終わったようですが。


e0197434_22150567.jpg
見頃の時期にはさぞ見事であっただろうと思われます。
来年は見逃さないようにしないと。



e0197434_22180372.jpg
入り口脇のアイリスが盛りでした。



e0197434_22190227.jpg
向かい側は休憩所になっています。
お水を汲みに来ている人もいたので、
美味しいのかもしれません。



e0197434_22203490.jpg
木で作った龍が乗っています。
見沼は龍伝説のあるところ。
田んぼの用水にまつわる様々な苦難から生まれたのではないでしょうか。




e0197434_22255533.jpg
すぐそばにある国昌寺の開かずの門。
棺をかついでこの門をくぐると急に棺が軽くなるということから、
遺体が何かに取られてしまうと考え閉められたそうです。
立派な門ですね。



e0197434_22315757.jpg
そして万年寺。



e0197434_22325757.jpg
お墓まいりの方がちらほらいらっしゃいました。
昔からの静かなお寺です。



e0197434_22351845.jpg
これが昔の住所ですね。

見沼田んぼにはたくさんのお寺や社があります。
江戸の米どころとして開拓された当時に、
人々の安全祈願のために建立されたのでしょう。
見沼田んぼを耕した農民の暮らしに思いを馳せました。




e0197434_23121019.jpg
プラド美術館展で久しぶりの上野にも。
スペイン国王フェリペ4世の信頼を得た若きベラスケスと、
その才能を認めたすでに名声を博していたルーベンス。

フェリぺ4世は決して権力志向ではなかったようですが、
さすが王室ご用達、
どれも見応えのある絵で、素晴らしかった。
私は知らなかった画家の絵も、
巨匠と並んで見劣りのするものではありませんでした。

常設展にあるルーベンスの赤ちゃんの絵。
白くて福々した顔だけでルーベンスらしさが充分あります。



e0197434_23252631.jpg
帰りに上野駅近くのテラスでご飯。
ちょっとビアガーデン気分ね。



e0197434_23270139.jpg
お、マリオカート発見‼︎
マリオいるよー







[PR]
by brighten-s | 2018-05-10 10:30 | | Comments(0)