人気ブログランキング |

おみっちゃん

e0197434_09431690.jpg
新入りです。
江戸錦と書いてあったけど、らんちゅうではないかと、
うちのお魚博士は言っております。


e0197434_09441711.jpg
この小さなガラス容器でメダカを飼い始めて数年。
水草も繁茂して赤ちゃんが生まれたこともありました。
冬は室温同様水温も下がり、夏は夏で高温になり、
水草もいくつも枯らして、苔取りにも苦労しました。
そんな中でも元気に成長していたメダカたち。

でも底に敷いた砂利を庭用のオレンジ色のきれいなものに変えてから、
次々にメダカたちは水槽からの脱出をはかり、
いつのまにか全員床に飛び出して生き絶え、
水草も枯れ果てました。

なんで⁇

庭用の砂利の成分が水環境を汚染していたのでしょう。
何度も洗いましたがそれでは解決できなかったのだと思います。
かわいそうに。

ということで、また一から始めようっと!


e0197434_09543261.jpg
ホームセンターで目があった子。
結構きれいなお顔だと思います♪
これからよろしくね〜








# by brighten-s | 2019-06-24 09:42 | 自然 | Comments(0)

陰と陽

e0197434_09324824.jpg
梅雨中とは思えないような爽やかな日。
バニさん、テラスでくつろぎタイム。
猟犬だからか、とにかく外が好きです。




e0197434_09350164.jpg
そのときマシューさんはすっかり引きこもり。
隅っこで落ち着きたい。
マシューの場合、どこで寝るか決めかねているときも多いです。
しっぽが下がっちゃって、不安そうにあちこちウロウロ。
あれ、うちの子だよね。何年いますか。
まあ、マシューの寝床を作っていないからなんだよね。
安全地帯が必要です。

あ、マシューの後ろのプランターはバニの水飲みです。
中に食器が入っています。
周りがビショビショになるので洗面所に置いてあります。
このスタイル、前のフラットからの定番。



e0197434_09421836.jpg
そのうちに庭に鳩が来ました。
アンディ君、降臨しましたか。
バニさん、やったね!
マシューがいたらすぐに吠えて追い払うから、今日はラッキー!
もう夢中のバニ。
でもしっぽは上がってなかったよ。
セットじゃなかったの?


e0197434_09454315.jpg
やっぱりギリギリでした。
たまに落ちかけたりします。

















# by brighten-s | 2019-06-18 09:32 | | Comments(2)

梅雨の晴れ間

e0197434_08504861.jpg
昨日に続き梅雨を忘れてしまうような空です。



e0197434_08520317.jpg
芝川土手の草刈りが終わり、水量もたっぷり。
もう鳥さんはいないねー



e0197434_09012670.jpg
久しぶりに田んぼの見回りに。
GWから1カ月。稲は元気に育っています。


e0197434_09025542.jpg
マシューもいつものように水質チェック。


梅雨もお米には大切な季節ですね。







# by brighten-s | 2019-06-14 08:50 | 自然 | Comments(0)

アジサイ

e0197434_09594935.jpg
昨日は一日中雨で寒くて。
今日も期待してなかったけど、おひさまが出てきて。
水をたくさん吸って、陽の光で庭のアジサイがとてもきれいに見えました。


e0197434_10021982.jpg
星がすり。気に入っているアジサイです。
青い花でしたが、地植えにしたら赤味がかってきました。



e0197434_10041015.jpg
毎年たくさんの花を咲かせるアナベル。
グリーンと白の配色が清楚で、かつ華やか。


e0197434_10062304.jpg
この額アジサイも毎年元気です。


小さな山アジサイも好きなのですが、今年はあまり咲いていません。
やっぱりアジサイは雨の季節の花ですね。



e0197434_10101853.jpg
今日はギリギリではなく木陰でまったりのバーニー。

# by brighten-s | 2019-06-11 09:59 | 自然 | Comments(0)

丸の内の美術館

e0197434_15124077.jpg
丸の内南口。
見上げて写真撮ってる人が結構います。
待ち合わせの人たちも多く、
待ち人を見つけるとパッと顔が華やいで、
手を振り「久しぶり!元気?」という流れが同じ。
それを見ているのもまた楽しい。


e0197434_15205340.jpg
私も待ち合わせの後はまずランチへ。
バゲットが美味しいと聞いていたブラッスリーヴィロン。
ショーケースのバゲットサンドにうっとりです。


e0197434_15311023.jpg
ローストポークのサラダ。
ホワイトアスパラガスのスープも美味しく、
外パリパリ中モチモチのバゲットと一緒に、
ワインを飲みながらゆっくり楽しめました。


e0197434_15360316.jpg
この日の目的は三菱一号館の美術展ラファエル前派。
ラファエロの古い様式にとらわれた美術学校の指導に反発し、
ラファエロ前の自然に忠実になろうとしたイギリスのグループとのこと。



e0197434_15454594.jpg
ミレイの滝。
実にリアルな岩や木の描写です。


e0197434_15465168.jpg
ロセッティ。



e0197434_15503559.jpg
こちらもロセッティ。クリスマスキャロル。


ワンフロアだけ撮影OKだったので印象に残ったものを撮りましたが、
いろいろな画風があり、自由に表現しているように感じました。


e0197434_15555964.jpg
一番注目したのがロセッティのペン画。
ラファエル前派はターナーの挿絵に刺激を受けたラスキンが提唱したもので、
本の挿絵も多数展示がありました。

挿絵。
今では装丁こそ話題になっても挿絵の需要は絵本くらいしかないのでは。
テレビも映画もない時代、文字からのイメージを助けるものとして、
挿絵はとても重要だったと思います。
ロセッティの絵を見ているだけでも、物語が動き出しそう。


e0197434_16105661.jpg
いつ来ても心地よい空間の中庭。
美術館もこの眺めを順路に入れて、一呼吸おく工夫がされています。


帰りにエシレのお店に寄り、バター菓子の甘い香りに癒されました。
次があったのでバターは買わず…ケーキも買いたかったけどな。


e0197434_16162480.jpg
次に丸の内北口の東京ステーションギャラリー。
ルート・ブリュックのセラミックアートです。
大塚国際美術館からの陶板アート。
こちらも一部分撮影OKでした。
嬉しいことですが、
撮影に関心のない方にとってはゆっくり楽しめないかもしれませんね。


e0197434_16261275.jpg
最後の晩餐。


e0197434_16262616.jpg
ノアの箱船。
微妙な色合いです。


e0197434_16265822.jpg
こちら初期の作品。
「シャガールみたいね」と言う声も聞こえました。


宗教的なモチーフから、
蝶の研究者だった父親の記憶を辿って蝶のモチーフがあり、
最後は小さな丸や四角の陶器の組み合わせでの表現に変わっていきます。
リアルや緻密とは違う表現でありながら心に響くということ。
二つの美術展を見て、自分の鑑賞の幅が少し広がったように思いました。



e0197434_16434675.jpg
ブリュックの初期の木版画。
家族の風景だと思いましたが、作家の心が溢れているようでした。
色使いもとても好きです。
木版もいいなあ。

















# by brighten-s | 2019-06-08 15:12 | | Comments(2)