困っちゃったな

e0197434_18550014.jpg
お母さんたら、こんなとこにキウイ乗せちゃってさー




e0197434_18554588.jpg
嫌いだっつーの!







# by brighten-s | 2019-01-24 18:54 | | Comments(0)

東京ステーションギャラリー

e0197434_10482155.jpg
今週は風邪っぴきで寝込んでおりましたが、
やっと元気になったので、風邪引き前のお出かけ記事をアップします。

東京ステーションギャラリー。
丸の内北口改札を出てすぐのところ。
中ほどに見えているのが入り口です。
以前から来たいと思っていたギャラリー。
今回初めて訪ねました。



e0197434_10542223.jpg
デザイナーでもあった吉村芳生の個展。
山口県出身で生涯多くのリアル画、自画像を残しました。
左側にあるのは「デニム」というタイトルのジーンズの絵の拡大図。
このように細かい方眼マスに書き込んで、
離れて見ると実に写真のようにリアルな作品になっています。
かなり大きな作品です。


e0197434_11022038.jpg
左側も写真ではありませんよ。
雨に濡れた路面が実にリアル。
右側がライフワークとして書き続けた自画像です。
新聞自体も細部まで克明に書き写しているのは圧巻でした。
これが何十枚も展示されています。
全部だと相当あるのでは。
友人の写真をリアルに描いたものもあり、
私も描いてほしかったななんて思ったり。




e0197434_14433607.jpg
3室から構成されている展示の第2室は、
モノトーンから一転鮮やかな色彩の世界。
壁一面を飾る藤やコスモス、ひまわり。
どれも色鉛筆画です。
中でもこれはとても心に残った作品。
上が空のように見えますが、実は水面。
上下を逆にしたもので、川べりの菜の花が川面に映っているのです。
よく見ると揺れている感じも出ていて、
あの世の風景に見立てたようです。
色鉛筆ですよ!もう信じられない。
近寄れば確かに色鉛筆だとわかりますが…されど色鉛筆。


時間のかかる作業だと思いますが、それにしては作品点数が多い。
何が彼をここまで急き立てたのか、もう聞くことはできません。
書くことに没頭した生涯だったことでしょう。


e0197434_19203542.jpg
ミュージアムショップには愛用の色鉛筆を売っていました。
同じ色鉛筆でも使う人が違うと…
小学生の時はいっぱい色鉛筆持ってたな。



e0197434_19231045.jpg
東京ステーションギャラリーは昔の東京駅を生かしたつくり。


e0197434_19241334.jpg
階段脇や展示室の壁は当時のレンガのままです。


e0197434_19250448.jpg
いいですね、こういう遺産て。



e0197434_19255305.jpg
干支の彫刻も当時のものだそうです。



e0197434_19264411.jpg
ランチは新丸ビルのカジュアルフレンチへ。



e0197434_19271940.jpg
ここでまたひとしきりおしゃべりして。



e0197434_19282926.jpg
帰りはグランスタをぶらぶら。
イータリーでは生ハムとお豆を試食し、コーヒー好きの友達とエスプレッソを味わって。



e0197434_19291171.jpg
お土産にカンノーリ買いました。

以上、さいたま市民の東京見物の巻でした。



e0197434_19325787.jpg














# by brighten-s | 2019-01-19 19:40 | | Comments(0)

元気の源

e0197434_19033216.jpg
火曜日の朝。
芝川の上をぐんぐん伸びていく飛行機雲。
寒々しい景色を吹き飛ばすような力強さで、
アンディがだれかに元気玉を運んでるんだなって思うと、
私も頑張らなきゃと背中を押された気持ちになりました。



e0197434_19083176.jpg
家に帰ったら鳩が来ていて、
アンディお疲れさま!と心の中で声をかけました。
アンディが亡くなってからほどなく鳩が庭に舞い降り、
それ以来鳩が来るとアンディを思うのです。




e0197434_21014223.jpg
もう一つ、元気をもらったもの。
西野さんと岡田さんの新春対談。
昨年のワールドカップを振り返りながら、
お互いの代表監督としての苦労話や舞台裏の様子を語り合う。
朴訥な西野さんを流暢な岡田さんがうまくリードして、
いっぱい興味深い話が聞けました。


選手の采配だけでなく、サッカー協会の意向や、国民の期待、
サッカー少年の夢や、その後の選手の人生までも背負って、
すばやい判断で的確な指示を出さなければいけない。
勝って当然、負ければ更迭。
監督の地位の保証はどこにもない。
大きなプレッシャーと闘いつつ自分を鼓舞して先頭に立つ。
そんな修羅場をくぐった2人だからこその話だったと思う。



ちなみに今月のさいたま市の市報も西野さんと市長の対談です!

みんな精一杯生きてるなあ。
なんか自分が小さい人間に見えた。




e0197434_21230026.jpg

去年愛犬を亡くしたお友達の家に来たパピー♪
可愛い過ぎるやろ。
ダックスとマルチーズのmix。
すでにメロメロです笑
新しい命はなんでこんなに人を元気にするのかしらね。







# by brighten-s | 2019-01-12 19:03 | Comments(2)

お正月も終わり

e0197434_23030542.jpg
穏やかなお正月が過ぎました。
芝川には水鳥が集まっています。
ここはカメラマンさんの撮影スポット。
向こう岸から三脚を構える姿がよく見られます。


e0197434_23100631.jpg
マシュー、久しぶりに土手に上がりました。
芝川土手では朝、歌や楽器の練習をする人も多いのですが、
マシューはそれがとても苦手。
一目散に逃げ帰ります。
一度経験すると覚えてしまい、
耳を澄ませて音が聞こえると行きたがらないのであまり来なくなりました。
この日はお正月休みだったのかだれもいなくて、
マシューもリラックスできたみたい。



e0197434_23273974.jpg
あっちスンスンこっちスンスン。
マシューの散歩は匂い散歩。
気にせず歩いていると、すごい後ろのほうで引っかかってる時があります。
でもマシューなりに私の姿は確認してるので大丈夫。


e0197434_23335469.jpg
先に行った時はたまに振り返ってくれます。
今度隠れてみようかな。



e0197434_23382769.jpg
お正月のお客様はミツバチマーヤ。
シーズーと柴のミックス犬。
人見知りしないお嬢さんでバニにご執心♪
マシューにはね…不審者扱いされてます。
ゴメンねー(TT)


e0197434_23431274.jpg
ヴェネチアのお土産。
岸辺の絵描きさんの作品だそうですが、何世紀も前の景色にも見えます。
鞆の浦で買ったポストカードにも似ていて。
水辺の風景がやっぱり好き。
魚座だから⁈ って少し思ったのですがどうでしょう。







# by brighten-s | 2019-01-07 23:02 | | Comments(0)

新年

e0197434_15052905.jpg
あけましておめでとうございます。

今年は見沼田んぼの初日の出。
芝川付近は日の出がよく見えるので、
すでにあちこちに日の出を待つ人の姿がありました。
ビューポイントを探しているらしい迷走する車もいます。
ワンコ連れも多いです。
愛犬とともに初日の出を見ようという気持ち、わかります。
ビビりのマシューがちょっと心配でしたが、いい子で頑張りましたよ。



e0197434_15110116.jpg
太陽が上がってきたころにはバーニーは鳥に夢中、
マシューは私にひっつき虫。
ちゃんと見ましょうね。



e0197434_15133921.jpg
見沼田んぼの夜明けです。
新しい一年が希望ある年になりますように。



e0197434_15194727.jpg
寒い中じっと待っていたので少し歩きます。
バーニーはフリース着てこなかったから震えてました。
薄毛だから寒がりです。



e0197434_15215832.jpg
マシュー父さんは上から富士山を撮りたいんですって。



e0197434_15241716.jpg
うまく撮れたかな。



e0197434_15245142.jpg
鳥大好きのバーニーは飛ぶものをよく追います。
さすがバードドッグ。



e0197434_15271081.jpg
今日2日は元旦より人が少なく静かな朝でした。
寒くなると富士山がきれいに見えます。



e0197434_15292554.jpg
リビングで家系図の撮影。
なんだなんだと非常にパニクってるマシューです。


こんなマシュバニですが、今年もよろしくお願いします。










# by brighten-s | 2019-01-02 15:05 | | Comments(0)