<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

祖国

e0197434_21123759.jpg

芝川土手は咲き終わった菜の花の林です。
分入らないと歩けない。
梅雨前には草刈りが入るでしょう。
どんどん緑が茂る季節です。



e0197434_21123879.jpg

久しぶりにチケット売り場から並んだ国立新美術館。
ミュシャがこんなに人気とは知らなかった。
アールヌーボーに特に関心はないけれど、
スラブ叙事詩は見てみたかったのです。



歴史に翻弄されてきたスラブ諸国。
日本にはあまり馴染みのない東欧の世界。
常に侵略の脅威にさらされ、
自らのアイデンティティを模索し続けた民族でした。
悲しみと苦しみの中でも
祖国への思いを失わなかった人々でもあります。
大きな絵に囲まれ、
祖国への愛、連帯、希望を少し共有できたように感じました。



スラブ民族とはスラブ語を話すことで括られるらしい。
「祖国とは国語」
義父が勧めてくれた本がよみがえりました。




e0197434_22295167.jpg

たくさんの血と涙が流された歴史のあと、
最後の展示室はスラブの春がテーマで、
独立を勝ち取った喜びがあふれていました。
ここは撮影OKで、にわかカメラマンでぎっしり。
それがまたお祭りのようで、
みなで心からお祝いしているようにも思えたから不思議です。



何年も前、ボスニア紛争のあたり、
まだ現役だったストイコビッチが試合後、
祖国の国旗をまとってピッチを走り平和を訴えました。
たしか罰則をくらったはずですが。
シェフチェンコが祖国ウクライナを
ワールドカップに出場させるために奔走した姿も思い出されます。
スラブ民族の血が流れている二人。
現代でも彼らにとって祖国は大切な自分の立つところなのです。



e0197434_22295187.jpg

民族紛争には縁のない日本。
でも絵画鑑賞熱は高いです。


老いも若きも絵に群がる日本人を、
スラブ叙事詩を生きた人々はどう思ったでしょうか。
ミュシャが描いたこちらを凝視するような人の声を聞いてみたい。



マシュー父さんが面白い動画を教えてくれました。
DNAを調べて自分のルーツを知ると、
アメリカ人だと思っていてもドイツ人の血が入っていたりする。
それがわかると、
「ドイツ人は嫌い」と言っていた人も少し気持ちが変わるようです。
調べてみれば、世界中がつながるかもしれません。





e0197434_22295280.jpg

ジューンベリー、今年はたくさん実をつけました。
北アメリカ原産とされていますが、
日本の種と混ざっているものもあるようです。
植物の世界もつながっているんですね。





















[PR]
by brighten-s | 2017-05-31 22:59 | Comments(0)

続田んぼ

e0197434_14464098.jpg

暑い日が続いた朝、田んぼが気持ちよかったです。



e0197434_14464189.jpg

水鳥たちのお食事。



e0197434_15000128.jpg

稲が小さいうちならではの景色です。



e0197434_15000197.jpg

田んぼ脇のアカツメクサと一緒にパチリ。



e0197434_15000221.jpg

じゃがいもの花もあちこちで見かけます。
北海道のじゃがいもが不作でポテトチップ生産休止と聞き、
元気に育っているのを見ると応援したくなります。


e0197434_15000294.jpg

キジバトならぬキジも見かけました。
羽を開いた姿が見てみたいです。



e0197434_15000213.jpg

相変わらずバニは鳩ラブ。



e0197434_15000233.jpg

垂涎の的です(*´꒳`*)










[PR]
by brighten-s | 2017-05-25 14:43 | 自然 | Comments(0)

ニワの話

e0197434_19363149.jpg

鳩さん、2羽来ております。



e0197434_19363108.jpg

1羽ずつ食べていたこともあるのですが、



e0197434_19363221.jpg

最近は仲良くお食事。
関係が進んだ…
めでたくつがいに…かな。



e0197434_11472138.jpg

庭のバラやシャクヤクが次々に咲いています。
バラの育て方をテレビで見て、
翌年の花付きのためには五分咲きで切る!
と聞きました。
そんなもったいない(*_*)と思ったら、
あとは切り花で咲かすということでした。

なるほど。

以前散歩途中に蕾のシャクヤクをいただいたところ、
家に着くころに開き始めていたことがありました。

切り花でもしっかり咲くんですね。


e0197434_11472175.jpg

蕾のうちに切って咲かすと、
花の香りも楽しめることがわかりました。
贅沢ですね。







[PR]
by brighten-s | 2017-05-19 11:27 | 自然 | Comments(0)

田植え

e0197434_12164947.jpg

今日は一日雨の予報です。
見沼区のオープンガーデンも、
花の丘公園のポピー祭りも残念ですね。

雨が好きなアジサイをテラスに出していましたが、
気づいたらこんなことに。
午後からは風雨が強くなるようで、入れてあげましょう。



e0197434_12165068.jpg

GW明けに田植えが始まった見沼田んぼです。




e0197434_16351512.jpg

お天気がよかった日の朝。
きれいに稲が植わっています。



e0197434_12165015.jpg

用水路を流れる水の音。
ひばりのにぎやかな声。
田んぼを吹き抜ける風。
新緑の季節とともに訪れる田んぼの景色です。



e0197434_12165001.jpg

水鳥はご飯に夢中。




e0197434_12165161.jpg

あ、カエルの合唱も聞こえました。




e0197434_12165185.jpg

今日は田んぼのお散歩できないね。

























[PR]
by brighten-s | 2017-05-13 11:59 | 自然 | Comments(0)

e0197434_17414147.jpg

しばらく前から庭に鳩が来るようになっています。




e0197434_17414179.jpg

鳥博士のマシュー父さんによれば、
いつも同じ鳩が来ているらしい。
嬉しいではありませんか。


時折、鳥が来るので水場を作り、
カナリヤと文鳥の残したエサを入れておいたのです。


なにせわが家には鳥博士のみならず鳩大好物犬までおります。


e0197434_18513317.jpg



そのうえ、不審者に目を光らせる方もおりますゆえ。


e0197434_18513321.jpg



実にきけーん( ̄▽ ̄;)なのですが…


でも鳩には深い思い入れもあり。
(以前の記事ですが、クリックしていただくと読めます)



昨日は鳩用に鶏のエサを買ってあげました。


「キジバトのエサ買う人もいないけどねー」
と言われつつ。


キジバトは埼玉県の鳥らしい。



e0197434_18513419.jpg

県のキャラクターでした!
知らんかった。



e0197434_18513487.jpg

あまりにiPhoneしか使わないので、
iPhone用のレンズ買ってもらったよ♪
1000円くらいらしい。
えーーー安すぎるでしょ⁈



e0197434_18513464.jpg

撮れた、一応。ブレてますけど。
かわいい。



e0197434_18513598.jpg

ちょっと距離感のある家族です。














[PR]
by brighten-s | 2017-05-08 17:34 | 自然 | Comments(2)

GWの田んぼ

e0197434_11031251.jpg

水が入り始めました。



e0197434_11031349.jpg

空っぽだった用水路に水が流れ、
勢いよく田んぼに注いでいます。


e0197434_11031373.jpg

田植え前の風景。
風で鏡のような水面にさざ波が立ちます。
GWの見沼田んぼです。



e0197434_11031382.jpg

水鳥たちのお食事どころは土が見えている田んぼ。
いつもは通勤の車が縦横無尽に走る道も、
GW中はこんなのんびりした朝です。


e0197434_11161076.jpg

おいしいご飯がありますか。



e0197434_11161036.jpg

畑のシャクヤク。
毎年とてもきれいな花を咲かせてくれます。
蕾がいっぱいついて、楽しみだなー



e0197434_11161185.jpg

我が家のフジ。
うちに来て2年目、立派な花を咲かせました。



e0197434_11161115.jpg

バラも咲き始めました。



e0197434_11161183.jpg

にぎやかになってきたお庭です。



e0197434_11161279.jpg














[PR]
by brighten-s | 2017-05-03 10:56 | 自然 | Comments(6)