<   2012年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

夢か、はたまた現実か

e0197434_1817486.jpg

先週の木曜日、スカーンと晴れた秋空のもと、
気持ちよくドライブに出発しました058.gif

アンディ、どこに連れて行ってくれるの016.gif

e0197434_18284148.jpg

わあ、道の両脇にはりんごが鈴なり。
りんごって、結構低いところになるんだ045.gif
とっても重そう、でもおいしそう!ここは信州、上田市です。


真田の郷を通り過ぎて、峰の原高原に。
e0197434_18321481.jpg

そうか、アンディ、元気になったらみんなでここに来たかったんだよね043.gif
ペンションIDAジャスパー君のブログから遊びに来てくれた
マー姉さんご夫婦のペンションで、かわいい3頭のフラットがいます。
GRのアンディ君も家族でお出かけしたところだもんね。


あれ?!
e0197434_18532797.jpg

アンディ、先に来てたの???005.gif
e0197434_18541174.jpg

「お父さんとお母さん、遅いね。何やってたの?」

いや、ちょっと歴史資料館に寄ってたからさ...



って、ちょっと待ってよ。
e0197434_18564783.jpg

んん、これは今年の初めのアンディの写真だけど、
確かに足にカバーもあるし.....

ええー! 





とってもよく似ているけど、彼はIDA家の長男ジョイ君です。
11歳。でもまだまだ元気なお兄さんです。

ジョイ君、トト君、ウルル君、みんな大歓迎してくれて、
たくさん遊んでくれました。
e0197434_1962047.jpg

これはデザートのりんごにロックオンの3人。

e0197434_1972144.jpg

食事中、テーブルの足元で寝てくれるなんて、
ジョイ君、アンディ降臨しちゃった?


e0197434_21333126.jpg

帰り際にはこんな仲良しさんも見せてくれて(*^m^*)

久しぶりにフラットの感触を思う存分味わわせていただき、
おいしいお食事と楽しいおしゃべりを満喫し、
ペンションIDAさん、そして連れて帰りたいほどかわいい3ワンちゃん、
本当にありがとうございました。
e0197434_19221191.jpg



名残惜しい気持ちを振り払い、
帰りは志賀高原から草津に抜けるルートでドライブ。
e0197434_19231590.jpg

志賀高原の琵琶池はこんなにきれいに紅葉していました。

e0197434_1924563.jpg

最後は草津の温泉に入り、
何とも豊かな2日間を過ごしました。

アンディ、ありがとうね。
あんまりうれしくて楽しくて、
元気になってほしかったかもしれないけど、
薬が効き過ぎちゃったかもしれないな。
またすぐみんなに会いたくなっちゃうよ。
[PR]
by brighten-s | 2012-10-28 19:43 | | Comments(6)

犬のいる人生

e0197434_859153.jpg

平成16年の文藝春秋特別版。
8年前だから、アンディが3歳のときにこれを買い、
以来何度となく手に取って読み返している。

各界の著名人が愛犬との暮らしを綴っていて、
まあ、親ばかぶりを発揮しているとも言え、ほほえましい。

「犬を飼っていたところで特別のことがあるわけではない。
それどころか毎日の食事の世話とか、病気の心配とか、
朝夕の散歩など、厄介なことの方が多いのだが、
それでも私と妻が30年も犬と共に暮らし続けてきたのは、
犬というものがわが家にいることが、
何とも言えぬ心の喜びを与えてくれるからであった。
それは一言で言えば、
こちらの愛したいという本能を呼び起こす生き物がそこにいて、
愛を受けとめ、向こうもまた正価でそれに応じる。
その辺の心の通い合いが何とも言えずいいということになる。」

これは「ハラスのいた日々」の著者中野孝次の話。
文学者で何冊も本を書いたが、ハラスの本が一番売れたらしい。

ここを読むと、突如として形のなかった感情が私の前に言葉として現れ、
いつも心が溶け出すような感じがする。


みな愛犬との辛い別れを経験し、それが深く残っていることが、
今読み返してみるとよくわかる。


e0197434_859131.jpg

アンディが天国に旅立ってすぐは、どの犬を見ても心が動かなかった。
元気なときは、あの子もかわいいこの子もかわいいと思ったけれど、
全然興味がなくなった。
1週間くらい経って、犬に会いたいと思ってペットショップに立ち寄ったとき、
小型犬がチョロチョロ動いているだけで泣きそうになった。
昨日、買い物帰りに駐車場で久しぶりに大型犬を見たとき、
無性に懐かしい気持ちになって、連れて帰りたくなった。

いろんな気持ちになるんだなあ。
[PR]
by brighten-s | 2012-10-20 08:59 | | Comments(6)

訪問者

e0197434_20453677.jpg

朝、バサバサバサっという音がして外を見ると、鳩。
緑色の足輪をはめてる。
レースの途中にちょっと休憩に寄ったのかな。

午後にもまたバサバサっと音がして、
外を見るとお隣との境の柵に止まってこちらを見ている。

そして、夜、雨戸を閉めようとしたら、
すぐそこのお隣の屋根にいる!
ほんとに手が届きそうなところにいて、暗闇でこちらを見ているみたい。
近づいて来ないけれど、逃げもしない。


あれから1週間、ねえアンディ、会いに来てくれたの?
[PR]
by brighten-s | 2012-10-16 20:45 | 自然 | Comments(9)

軽井沢

アンディがいなくなって、
でもどこかでアンディを感じたくて。
きれいな秋の空を見ていたら、
そうだ、軽井沢に行こう!と思いました。
e0197434_16572973.jpg

軽井沢とは言え昼間は19℃で夏の日差しでしたが、
パーキングには秋が訪れていました。
e0197434_16572947.jpg

ここはアンディが若いころよく来たドッグカフェ。
広くて、気持ちのよいテラスで、小さなランもついていて、
ちょっとしたお出かけにちょうどいいところ。
e0197434_1657297.jpg

この日はミニチュアダックスやフレンチブル、シーズーと、
小さなお友達が来ていました。
e0197434_16572936.jpg

アンディもいい子でいたね。
(デジタルフォトスタンドをそのまま撮ったのでちょっと変ですが)



その後、中軽井沢の千住博美術館まで足を伸ばしました。
e0197434_17151890.jpg

去年開館したばかりのきれいな美術館。
中はもちろん撮影禁止ですが、
外もカラーリーフガーデンになっていて、アプローチもステキ。
植採をたっぷり楽しむことができます。
e0197434_17153965.jpg

下草もこんなにカラフル。
e0197434_17155755.jpg

e0197434_17161597.jpg

館内にも自然をたくさん取り入れていて、
水墨画を現代風にアレンジしたような絵とよく合っていました。

静かで美しい空間に、何だかとても癒されました。


アンディ、1日がこんなに長いなんて知らなかったよ。
「これからどこ行く?」なんて、エンドレスでフラフラしてしまって、
無駄遣いばっかりしちゃうよ。
「お腹空いたけど、アンディがいるからコンビニでパンでも買おうか」
とよく言ったけど、
ゆっくりおいしい食事をしても、なんかつまらない。
こんな私たちを見て、きっと笑ってるね、アンディ。会いたいな。
[PR]
by brighten-s | 2012-10-14 16:57 | 自然 | Comments(0)

ありがとう

e0197434_1736438.jpg

もう秋なのにきれいに咲いたゼラニウムを撮った昨日。

夜、アンディがとても苦しそうになり、
ゆっくり寝られずにいろいろ動き、「ワン!」と吠えてしまう様子。
9時頃、夜間救急で見てくれる病院を探しましたが、
なかなか見つからず、
やっと受け付けてくれる病院を見つけて車に乗りました。

車が動き出すと、息が少し楽になったようで、
頭を上げ、いつもの散歩道を見回すようにキョロキョロし始めました。
あ、もしかして大丈夫かも...と思い、少し安心しました。
高速に乗ってしばらくすると、また寝る姿勢になったので、
落ち着いたのかなと思い、私も隣で横になりました。
でも、そのまま、アンディは天国へと旅立っていきました。

お父さんの運転で、いつものお出かけみたいにして。
11歳3カ月。手術から2カ月半。

「高速を走っているときに亡くなるなんて、かっこいいなあ」
とお父さんは言いました。

e0197434_1736323.jpg

これは9月の終わりに病院に行ったときの写真。
こんなふうに外を見ながら、アンディは空へと昇っていったのかな。

みんなでお出かけ、好きだったね。






今朝、よく行ったお池のそばの公園で、
最後のお別れをしました。
よく晴れた、秋の空でした。
e0197434_1739547.jpg


ほら、お池だよ。
見てる、アンディ?
e0197434_17401271.jpg



足の手術をしたとき、
先生は「取りきれなかったかもしれない」と言いました。
退院1週間後の診察で、肩にウズラの卵くらいのしこりがあり、
「手術したばっかりだから、もういいね。おいしいもの、たくさん食べて」
と言われたとき、もう最期に向かうんだなと実感しました。

退院してすぐは元気にしていましたが、
しばらくすると、トイレをしただけで肩で息をするようになり、
そして、足が立たなくなりました。
頑張ってご飯を食べていましたが、
日曜日からは水もご飯も口にしませんでした。



ブログを見てくださった皆さん、
コメントを書いてくださった皆さん、
アンディを可愛がってくださって、本当にありがとうございました。
皆さんの温かい応援は忘れません。


そして、ありがとうアンディ。
私たちのところに来てくれて。いつもそばにいてくれて。
うまくお世話をしてあげられなかったこと、許してね。
アンディが教えてくれたたくさんのこと忘れないよ。
e0197434_1736388.jpg

天国で、思いっきり走っておいで。
[PR]
by brighten-s | 2012-10-10 17:36 | | Comments(11)

路地散歩

昨日今日と、10月とは思えない陽気のアンディ家地方。
買い物に行くと、いつもの道が工事中で通行止めに。
あら、どうしよう025.gif
じゃあ、ちょっと車を遠くに止めて歩きますか。
運動不足でもあるし、ちょうどよかった070.gif
e0197434_17103335.jpg

お、いい路地があるねえ。
さっそく行くよ058.gif

まあ、かわいいお花。
レインリリー...?  お店で見たときそう書いてあったような。
e0197434_17265133.jpg

路地がとってもよく似合う。



あ、ワンちゃん♪
今日は暑いから日陰にいるんだ。
e0197434_17315877.jpg

見張り番、ご苦労さま。



ほう、彼岸花も咲いてる。
e0197434_1733268.jpg

暑さ寒さも彼岸までとは言うけれど...



あ、路地にお決まりのネコちゃん、いましたねえ。
e0197434_17103387.jpg


車では通らない路地。
たまには歩いてみるのもおもしろい043.gif





e0197434_17103388.jpg

そして、アンディ君。布団まであと少し。
まだ蚊取り線香と扇風機が手放せません。
[PR]
by brighten-s | 2012-10-05 17:10 | | Comments(4)

台風一過

昨日は夕方から雨風が強くなり、夜半まで大荒れでした。
今朝のテレビではあちこちで台風被害のニュース。
アンディ家でも、ベランダにあったヨシズがバキバキでした。
早くしまっておくべきだった(><)

e0197434_12585789.jpg

でも今日は夏の再来を思わせるお陽さま058.gif
リビングからもこの空です。
絶好の洗濯日和!

アンディ家の洗濯機、今にも歩き出すかと思うような振動のまま、
歩き出さないのをいいことに、お尻をたたいて働かせていました。
あるとき、ギュイーンギュイーンと最後の力を振り絞って脱水をした後、
ピーピーと息も絶え絶えに終了を告げて、
フーン⤵と思いっきりため息をつきました。
ホント、そういう音だったんです!
あまりに可愛そうなので、
もうお役ご免にしてあげることにしました。

そしてやってきたニューフェイス016.gif
電気店でいろいろ見たけど、やっぱり値段には勝てなかったワタシ。
それと、この洗濯機の売りである「パワフル水流」で決まり。
前のが「これで汚れが落ちるの???」というくらいやる気なく回っていたので、
ついそのコピーに捕まってしまいました。
e0197434_1314796.jpg

しかし! これはフタをいったん閉めるとロックされ、
解除すると一時停止状態に。
上フタはプラスチック部分も濃い紫色で、
のぞこうにもパワフルな水流が見られない...(T。T)
Pana○○さん、パワフル水流って本当ですか?
少し疑いたくなってしまいます。

ここ数日、お風呂の回数が増えたアンディ。
大きなタオルもマットもみんな気持ちよく洗ってくれて、ありがとう♪

e0197434_12585799.jpg

土曜日はアンディが具合が悪そうなので、病院に連れて行きました。
でも、車に乗せたらとってもうれしそうで、
ずっと外を見て風の匂いを感じていました。
お池にも寄ったけど、通行止めで通っただけだったね。
ビタミン剤を打ってもらって、熱冷ましのお薬ももらって、
また元気になったアンディです043.gif
[PR]
by brighten-s | 2012-10-01 12:58 | 自然 | Comments(8)