<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

雪の日

e0197434_1653240.jpg

朝、リビングの雨戸を開けるとこんな景色。
昨日関東全域に大雪の予報が出ていたけれど、ホントに降った043.gif
それも結構な量だぞ!

e0197434_1653242.jpg

さあアンディ、雪のお散歩行くよ070.gif

e0197434_1653294.jpg

しっぽ、ゆっさゆっさ。落ち着いてるね。

e0197434_16274233.jpg

わおー005.gifここはスキー場??

e0197434_16285278.jpg

ゲレンデもあるし!なあんてね。住宅のすぐ裏側です。



e0197434_16311445.jpg

ゲレンデ上ってみよう。
おっ!こんなに深いぞ!009.gif大丈夫かな。

e0197434_16323629.jpg

へーきへーき001.gif ラッセルラッセル〜

e0197434_1633399.jpg

久しぶりの雪、楽しかったね。
足のことなんか、ぜ〜んぜん忘れてたし045.gif

e0197434_17234763.jpg

さあ、今日はウズベキスタン戦047.gif
豊田スタジアムでよかった。
あったかい鍋でもつつきながら観戦しましょうかね。
うおーー!ニッポン!
[PR]
by brighten-s | 2012-02-29 16:05 | 自然 | Comments(2)

ヴェネツィア

e0197434_1812824.jpg

2012年の本屋大賞にノミネートされた「ピエタ」。
ヴィヴァルディの死、という出来事から始まる物語。
ヴェネツィアが生んだ偉大な作曲家に関わる人々から、
その時代を生きたそれぞれの人生が少しずつひもとかれる。

だれも思い通りに生きられる人はいない。
生まれた家や育つ環境、能力、時代、
そばにいる人によって人生は大きく変わる。
それらを全部引き受けて、胸に納めて、前に進んでいく。
遠いイタリアの小さな町でも、みんなそうなんだ。

折しも、カーニバルのおみやげのマスクが届き、
マスクをつけて身分を隠し、
自らの出生を探るエミーリアのことを思いました。
身分という枠にまだ縛られていた18世紀、
カーニバルの時期にこのマスクは
たくさんの心躍る体験を人々にもたらしたことでしょう。

l'estro armonico
作品のモチーフになっているヴィヴァルディの協奏曲です。
[PR]
by brighten-s | 2012-02-26 18:12 | | Comments(3)

本格ホームメイド

e0197434_1103570.jpg

良く晴れた朝のお散歩、
アンディの調子もいいときに限り行くフルコース。
そこで見かけたこの看板。
カラーコーンが無造作の置いてある空き地に、
鉄パイプで組んだ、何ともシンプルな看板。

CAEI
何て読むの013.gif

良く見ると、ケーキの名前が書いてある。

でも CAKEじゃないよね008.gif

そしてクニコケーキ➡
通るたびに気になっていました。
近所のお友達情報で、注文すればケーキを焼いてくれるということ聞き、
お願いしてみました。

看板の後ろに見える黄色いおうちがクニコさんのお宅。
アメリカ人のご主人は学校のALTをされているらしい。
注文があれば、そのつど手作りのケーキを焼きますとのことで、
さっそく評判のベイクドチーズケーキを注文しました。
しかもワンホール!

「焼いてから24時間寝かせますからね」ということで、
次の日に受け取りに。

e0197434_1103598.jpg

やっと会えたケーキです。
しっとりとして濃厚なチーズで、コーヒーにとてもよく合いました。
ごちそうさま043.gif
[PR]
by brighten-s | 2012-02-23 11:00 | | Comments(6)

落とし物

最近、アンディはホントによく歩きます。
今までの分を取り返すかのような勢いです。
トイレもあまりしなかったのですが、
「行きたいよ!」と言うようになりました。
体の中の循環をよくしないとね045.gif

暖かく、気持ち良くお散歩していましたが、
e0197434_12235376.jpg

あれ?
e0197434_12235341.jpg

あれあれ??
e0197434_12235455.jpg

なんか、おかしいぞ。
e0197434_12235462.jpg

包帯はどこへ?
e0197434_12235336.jpg

家への帰り道で見っけ。
こんなに家の近くでもう取れてたのね008.gif
[PR]
by brighten-s | 2012-02-20 12:23 | | Comments(4)

白鳥

お池で白鳥の話をしたので、
日曜日に荒川に集まっていた白鳥をご紹介したいと思います。
我が家の撮影班から拝借した写真です。
e0197434_10572522.jpg

仲良し2ショット。夫婦かしらね。


e0197434_10571320.jpg

春が近くなると飛ぶ練習をするそうです。
寒い日が続き、梅の花芽もまだ固いけれど、
鳥たちは春が来るのがわかるのでしょうか。


川の博物館前の河原で見られます。
[PR]
by brighten-s | 2012-02-15 11:05 | 自然 | Comments(2)

お池まで


最近、アンディは以前と同じように歩くようになり、
「そっちじゃないの!もっと遠くまで行くの!」
と、道の真ん中で仁王立ち状態になることもある始末。

んじゃあ、今朝はお池まで行くよ〜070.gif

e0197434_1142678.jpg

公園のところの木の橋を渡って001.gif

e0197434_1142675.jpg

大きな石段を登るよ029.gif

e0197434_1142639.jpg

ほうら、もうちょっと。頑張れ037.gif

e0197434_1157191.jpg

着いた043.gif
今日は水鳥さんたちも、あんまりいないね。
荒川の河川敷には白鳥さんがたくさんいて、
飛び立つ練習をしていたけど、ここは平和だ。

ヴェネチアのラグーナが今年は凍ったらしい。
7センチの厚さだったって。
でも、ここはいつもと同じ。
春にはまた桜が咲くな。

e0197434_1142652.jpg

水辺のテラスでひと息入れよう045.gif
この前は、通りすがりのおじさんに
「ゼイゼイしてるね。高齢者かな?」ってバレちゃったしね。
ゆっくり行こう。
[PR]
by brighten-s | 2012-02-13 11:42 | | Comments(2)

いつものように

退院後、足もおぼつかないせいもあって、な〜んか調子の出なかったアンディ。
お腹が空いてものどが渇いても、
ジーッとこっちを見るだけで、体が全然動かない様子。
e0197434_13285669.jpg

で、起きあがるの大変だよね、と思って、
こんなふうにお水もご飯も口元に持って行き、
寝たまま食べていました。
e0197434_1328569.jpg

でも、だんだん慣れてきて、散歩もよく歩けるようになり070.gif
e0197434_13285724.jpg

夕方のお散歩もショートコースを充分歩ききりました。

そして今朝は、久しぶりにいたずら小僧復活003.gif
e0197434_13285782.jpg

e0197434_13285746.jpg

前は「こらー!」って追い回していたけど、
今日は「それ行け、もっとやれ〜!」なんて一緒に遊んだりして。

一方アンディは「本気で追いかけてくれないとつまんない...」らしく、
いつもより短めでおしまいになりました。
また追いかけっこしようね!
[PR]
by brighten-s | 2012-02-08 13:28 | | Comments(8)

リラックス

e0197434_11472740.jpg

アンディ、おうちに戻りました。
こ〜んな格好で寝るのも久しぶりだよね001.gif
気持ちよさそう。
青く写っている部分が患部で、青いテーピングがしてあります。

e0197434_1282684.jpg

「毎日包帯を取り替えてください」
と先生に言われたときに想像していたのとは全く違う
粘着性のある包帯地の青いテープ。
これがスグレモノです!
巻いていくとくっついて、そのまま全然取れない包帯になってしまう。
アンディがなめても全然平気。
病院への道筋に「3M」の社屋があるのですが、
こんなものを作っていたのか!と認識を新たにしました。
医療の世界は日進月歩。
だったら、エリザベスカラーもいいものはないのかしらん039.gif

脊椎にも少し老化による変形があり、痛みがあるのではないかということ。
お寝坊だったのは、やっぱり起きあがるのが大変だったのね。
抗生剤の飲み薬、3種類の目薬に加え、
グルコサミンとコンドロイチンのサプリもいただいてきました。
はあ、忘れないようにしないと。

e0197434_11472749.jpg

暖かい日差しの中でお昼寝。
アンディの腫瘍は悪性のものでした。
びっこたんで、左目はよく見えず、呼吸も少しぜいぜいしています。
でも、こうやって毎日リラックスして、安心して暮らしていければ、
それでいいんだよね。

アンディ、いつも一緒だよ058.gif
[PR]
by brighten-s | 2012-02-03 11:47 | | Comments(8)