<   2011年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ポップコーン

e0197434_15593151.jpg


連日今年一番の寒さを更新している中、
我が家の庭ではコーンがはじけ出しました。
毎日一つ二つとポップコーンが増えていきます。

お正月くらいから、少しずつ膨らむ梅のつぼみ。
震える寒さなのに、
確実に春に向かっていることを教えてくれます。
12月に比べると日も長くなって、
気持ちが前向きになるような自然の変化です。


e0197434_15593141.jpg

[PR]
by brighten-s | 2011-01-28 15:59 | 自然 | Comments(0)

Bring him home

e0197434_1895174.jpg



この絵でいちやく有名になったコゼット。
「レ・ミゼラブル」がミュージカルになってもう25年だそうです。
日本でも今年は記念公演になるとか。

去年ロンドンO2で行われたコンサートが映画になって、
日本で1週間だけ上映されました。
新聞にあった小さな広告を見つけ、ラッキーにも見ることができました。

「レ・ミゼラブル」本はなかなか読みづらい。
ジャン・バルジャンの人生も、
パリの地下を走る下水道も、
市民たちの活動も長くて暗い。
でもミュージカルは、それをやすやすと、
愛と友情、希望と勇気の話に仕立て上げた。
それも上等の曲と詞で何ともロマンチックな話になっている。
やっぱりすごい。

いや、ロンドン版はすごかった。
何がって、キャストはあまりイメージどおりとは思わなかったけど、
歌を聴くうちにどんどん感情移入し、物語に入り込んでしまった。
その表現力と歌唱力。
ジャン・バルジャンが自分の死が近いことを知り、
自分はもう死んでもいいからマリウスを助けてくれという、クライマックス。
"Bring him home"という3つの単語が、音に乗るだけで、
なんと深いところまで連れて行ってくれることか。

スーザン・ボイルもフォンテーヌに自分を重ねていたのかしら。





e0197434_18103229.jpg

そんな先週のことを思い出しながら、
いつものサブウェイの
アボガドベジーとソイラテ。
今日はハニーオーツで。
もう、ほとんど食べちゃってるし。

いつ食べても、
「やっぱりおいしい!」




e0197434_18105486.jpg





でも最近、
サブウェイの向かいにある、
中華のお店が気になる
このごろでもあります。
[PR]
by brighten-s | 2011-01-24 18:32 | | Comments(2)

さぶいっ!

このところ寒い!ですね。
アンディは全然散歩行きたがらない。
毎朝、玄関でごねる。





そして門でごねる。



風も冷たいしね。
わかるけどさ046.gif
[PR]
by brighten-s | 2011-01-10 19:12 | | Comments(2)

つながり

e0197434_1210952.jpg


学生時代、福永武彦を愛読していました。

10年ほど前、初めて北海道を訪れ、
広い大地に何とも言えない寂しさを感じました。
歴史博物館やアイヌ部落に行ったことが印象を強めたかもしれません。
帰宅後、すぐに朝日新聞で連載されていた「静かな大地」を買い求めました。
その語り口や世界観がとても馴染み、
久々に手元に置きたい1冊になりました。

著者池澤夏樹、その人が福永武彦の息子であったことを去年知りました。
「ああ、そうだったのか」
それによって、私の中にあるものも変わってないことがわかり、
少なからず驚いたものです。

昨年末に図書館で池澤夏樹のエッセー集を借りました。
「風神帖」
その中に星野道夫と須賀敦子への評論がありました。
2人とも私の好きな作家です。
評論と言うより、友人としての温かいまなざしに満ちたレクイエム。
読みながら、どうしてこんなに心に染みいるんだろうと、
思いも寄らなかったつながりの発見に感激しました。
[PR]
by brighten-s | 2011-01-06 12:10 | | Comments(0)

寝正月


元日の夜、
家族でお笑いを見ながらギャハギャハ言ってるとき、
ふと振り返るとこんな光景が。

e0197434_11413916.jpg

「何がおもしろいんだか」
と言わんばかりに熟睡してました。
ソファのカバーを自分で外して、うまいこと掛けてましたね。

今年もマイペースで頑張りましょ006.gif
[PR]
by brighten-s | 2011-01-04 11:41 | | Comments(4)