カテゴリ:町( 80 )

町民ハイキング

e0197434_16324286.jpg

広報に載っていた文化の日の町民ハイキング。
近くにあるのによく知らなかった鉢形城趾エリアということで、
楽しみにしていました。

今日はよく晴れて、絶好のハイキング日和。
e0197434_1635192.jpg

鉢形城歴史館の駐車場が出発点。
すでにたくさんの人が集まっていました。
思いの外幅広い層の人が参加していて、びっくり。
約5キロとありましたが、「大丈夫?」と思うような小さいお子さんも!
頑張ろうね001.gif


いざ、出発070.gif
e0197434_16402130.jpg

なんかこうやって歩くの久しぶり〜
遠足思い出しちゃうなあ。

e0197434_1641748.jpg

里山コウさんのブログで覚えたセイタカアワダチソウ。
ススキとのコラボもまた秋らしい風情です。


e0197434_16423994.jpg

諏訪神社の入り口にある柿の木。
小振りですが甘柿とのこと。
おじいちゃんに肩車して、ひとつおみやげだね。

鉢形城は今は城跡だけですが、日本百名城の1つだそうです。
北条氏の北関東支配の拠点として築城され、
1590年北条氏邦が前田・上杉軍と激戦の末、
家来たちの助命を条件に開城したと言います。
役場の方が歴史も丁寧に説明してくださり、
氏邦の人柄に触れました。


e0197434_16533020.jpg

e0197434_16535114.jpg

e0197434_1654896.jpg



鉢形城趾から眺める町の風景。
荒川をはさんで、向こう側に寄居の町が拡がっています。
お城は荒川と深沢川にはさまれた、
自然の要害に建てられていたんですね。
e0197434_16565812.jpg



町中は今日は秋祭りで、
荒川に近づくと遠くにお囃子が聞こえてきました。

でも町には入らずに歴史館のほうに戻ります。
e0197434_16583233.jpg

これは深沢川の支流かと思います。
こんな静かな水辺があったなんて。

数年前、アンディとお散歩でこのあたりは来たことがありましたが、
どこに続く道なのか、家まで歩いて帰れるか、
何とも頼りないお散歩だったのを思い出しました。


e0197434_1711215.jpg

歴史館に戻ると、コッカスパニエル君がお散歩中。
子どもたちの人気者になっていました。

e0197434_172854.jpg

歴史館 de Jazzと称して、午後から中庭でコンサートがあるらしく、
リハーサル中でした。
歴史とジャズ、なかなか合うかも。

文化の日の今日は歴史館が無料開放だったので、
鉢形城の歴史をもう一度おさらいして帰路につきました。

朝、家を出てから10.84キロの散歩。
運動不足の私は結構足にきました042.gif
[PR]
by brighten-s | 2012-11-03 17:21 | | Comments(2)

路地散歩

昨日今日と、10月とは思えない陽気のアンディ家地方。
買い物に行くと、いつもの道が工事中で通行止めに。
あら、どうしよう025.gif
じゃあ、ちょっと車を遠くに止めて歩きますか。
運動不足でもあるし、ちょうどよかった070.gif
e0197434_17103335.jpg

お、いい路地があるねえ。
さっそく行くよ058.gif

まあ、かわいいお花。
レインリリー...?  お店で見たときそう書いてあったような。
e0197434_17265133.jpg

路地がとってもよく似合う。



あ、ワンちゃん♪
今日は暑いから日陰にいるんだ。
e0197434_17315877.jpg

見張り番、ご苦労さま。



ほう、彼岸花も咲いてる。
e0197434_1733268.jpg

暑さ寒さも彼岸までとは言うけれど...



あ、路地にお決まりのネコちゃん、いましたねえ。
e0197434_17103387.jpg


車では通らない路地。
たまには歩いてみるのもおもしろい043.gif





e0197434_17103388.jpg

そして、アンディ君。布団まであと少し。
まだ蚊取り線香と扇風機が手放せません。
[PR]
by brighten-s | 2012-10-05 17:10 | | Comments(4)

見張り番

e0197434_1418334.jpg

こんな感じで、いつもガレージから通りを見ているアンディ。
前は朝晩お散歩をして、お友達にも会ったし、
風を感じたり、草の匂いをかいだりしたけど、
今はこうしてのんびり眺めているのがちょうどいいみたい。
いろんな匂いがするねえ。

放っておくといつまでもいる。
そのうち寝ることもある。
アンディ父さんは椅子を持ち出し、横で新聞を読んでることもある。
このままにしてゴミ出しに行ったら、後を追って来たらしく、
途中で座り込んで鳴いていた042.gifごめんよ〜
意外と神経使ってるのかな。

大人しくいるので、
「おっと! びっくりした!」とご近所さんを驚かすこともある。
へへ、ここで見張りをしてやすぜ、旦那。


e0197434_14183394.jpg

その間に...ってことはないけど、行列に並んで来ました。
マウリッツハイス美術館展。
もうすぐ終わりなので駆け込みなのか、
平日でも入館待ち40分。暑かったよ。

e0197434_14183369.jpg

みんなが会いたかった「真珠の耳飾りの少女」
「どこから見ても、見つめられてる感じがする」と言っている人がいました。
オランダ絵画は人々の暮らしと密着していて、親近感があります。
平野の続く風景画も独特です。
レンブラントの「シメオンの賛歌」が印象に残りました。
ブリューゲルやルーベンスなど、偉大な画家を数多く輩出した国なんですね。
[PR]
by brighten-s | 2012-09-08 14:18 | | Comments(10)

夏祭り

e0197434_2252960.jpg

今日は玉淀水天宮の花火祭り。
玉淀河原には船も出て、お囃子が流れる中、
約40発の打ち上げ花火を楽しみました。

e0197434_2210503.jpg

河原に腰を下ろして真上に上がる花火を眺める。
夏ならではのぜいたくです。

e0197434_2253088.jpg

最後は毎年ナイアガラ大瀑布。
あちこちから歓声が上がっていました。

ワンコは爆発音が苦手のはずですが、
家族と一緒に来ている子もいました。
大丈夫だったのかな。
お留守番か大きな音を我慢か、究極の選択だね。

お散歩がなくなってからすっかり運動不足になって、
今夜は夜道を歩いて河原まで。
途中のビュースポット?には、近所の人たちが椅子を持ち寄ってにわか見物席が。
お庭でみんな集まり、花火を見ながらバーベキューのお宅もありました。
町をあげての夏の祭典です。

e0197434_863051.jpg

面会に行ったアンディはまだまだ大変そうでした。
でも、元気で、差し入れの鶏肉をバクバク食べてくれました。
花火に思いを託し、アンディ頑張れ001.gif
[PR]
by brighten-s | 2012-08-04 22:05 | | Comments(8)

宝登山神社

e0197434_11241515.jpg

久しぶりの長瀞です。
目的は上長瀞のおそばやさんだったのですが、
その前に宝登山神社へ。

e0197434_11241591.jpg


1900年事業ということで、
すっかりきれいに様変わりしていました。
そんなに来てなかったかしらね。
ここは古い感じが好きだったので少し残念でしたが、
作られたころの華やかさが感じられました。

e0197434_1136212.jpg

日光の東照宮のようです。

e0197434_11364379.jpg

ヤマユリがそこここに咲いていて、
控えめな香りをはなっていました。
植え込みの中に1本、咲いていたユリ。
こういう風情もありかな。
[PR]
by brighten-s | 2012-07-24 11:24 | | Comments(4)

1回戦

甲子園の地区大会がいよいよ始まりました。
久しぶりの高校野球、雨も心配な中、
部員のみならず、応援団やチアガール、吹奏楽部、そしてOBや保護者と、
たくさんの人が集まっていて、夏の試合にかける意気込みを感じました。

今回は我が家の撮影班から写真拝借です040.gif

e0197434_11182529.jpg
e0197434_11183977.jpg
e0197434_11185058.jpg
e0197434_1119437.jpg
e0197434_11191562.jpg


結果は5対3で本庄東が勝利。
7回の打線爆発が決め手となりました。
どちらも意地を見せ、後半は点を取り合い、見応えのある試合でした。

高校野球児からパワーをもらった一日でした043.gif
[PR]
by brighten-s | 2012-07-13 11:25 | | Comments(2)

町うちで

この町に引っ越して来て、
ずっとここに住んでいる人にこう聞かれることがあった。

「どこに住んでるの? 私は町うちだけど」

町うちってどこ???って思った。
そのうち、駅付近の商店街エリアを指すらしいことがわかった。
だとしたら、うちは町そとかな。

e0197434_141535.jpg

町うちの郵便局の隣の家の番犬。
初めて気付いたときはびっくり?!した。
思わず引き返してもう一度見た。
最近も必ず見る。というかご挨拶する。
慣れて来ると、とてもいいお顔をしていることがわかる。
昔飼っていたワンコが忘れられず、
よく似た子を置いた...と思いたい。

e0197434_1415381.jpg

もうひとつ町うちで見かけた下水のフタ。
とっても芸術的。
町の3つのシンボルが入っている。
気付いてあげないともったいない。


e0197434_141531.jpg

さて、今日のアンディ君。
グルコサミン ア〜ンド コンドロイチンのサプリで頑張ります!
[PR]
by brighten-s | 2012-06-30 14:01 | | Comments(6)

お江戸

e0197434_2342581.jpg

          おっ!
e0197434_23423455.jpg

         おおっ!
e0197434_23545666.jpg

         おーっ!!  ってスルーか!?021.gif

         今日の目的はスカイツリーじゃないのです。
e0197434_2359202.jpg

平岩弓枝の時代小説にはまってからというもの江戸好きで。
歌川広重の江戸の版画も前からとても興味があって。
で、その2つが今見られる江戸東京博物館に直行です。

企画展はランドマークとしての日本橋を
版画や写真で江戸時代から現在まで辿っていくもの。
葛飾北斎や歌川広重の版画が数多く展示され、
昔といえど、斬新な構図で切り取った日本橋の風景をゆっくりと見学。

そして常設展のほうはまるでテーマパーク。
江戸の町民文化から明治・大正、そして昭和と
東京の変遷をジオラマや実物大の再現で紹介しています。
こちらは撮影OK。
e0197434_084356.jpg

入り口には実物の半分ほどの日本橋。
関西弁の生徒たちが見学です。
e0197434_0105186.jpg

と思ったら、今度はインドから学生の団体さん。
こちらも修学旅行でしょうか。
日本の歴史が学べるということで外国人の方もたくさんいました。

e0197434_23373266.jpg

江戸の町はこんな感じ。
e0197434_23373391.jpg

日本橋の大店越後屋の風景。
三井のマークの越後屋。三と越。それで三越!
日本橋三越は江戸の昔から商売の中心だったんですね。
e0197434_0183585.jpg

芝居小屋中村座。インドの学生さん、記念写真です。
e0197434_019294.jpg

これは明治のころかな、朝野新聞社。
e0197434_0284719.jpg

火消しのまといを回すインドの学生さんたち。
ぼて振りの棒を担いだりもできて、結構ウケていましたよ。

ほかにも見どころ満載で、思った以上に楽しめる博物館でした。
これでまたイメージを膨らませて時代小説を味わえる060.gif
[PR]
by brighten-s | 2012-06-06 23:37 | | Comments(2)

再発見

e0197434_12262583.jpg

暖かくなり、散歩も楽しくなってきた今日このごろ。
もう何年もお散歩している道で、こんなものを見つけました。
水道栓? かわいい♪
気がついたら、あそこもここも、道に点々とあるじゃないの。
前ばっかり向いて歩いていると損しちゃう。

ということで、これも赤信号で止まったときに気付いたもの。
e0197434_12262524.jpg

e0197434_12262551.jpg

e0197434_12262563.jpg

橋の欄干にこんなステキな芸術作品があるなんて、
気付かないと、ホント損しちゃう。
キジもカタクリも、町のシンボルです!....たぶん(^^;)
もっともっと、地域に親しもうと思った次第です。

e0197434_12262577.jpg

そして、これもいつもの道で見つけた春の黄色。
何の木でしょうか039.gif
[PR]
by brighten-s | 2012-03-23 12:26 | | Comments(4)

お墓参り

e0197434_17523884.jpg

あいにくの雨でしたが、祖父と祖母のお墓参りで、
久しぶりに谷中に出かけました。
雨でも、お彼岸を前に、お寺に向かう人が結構いました。
「おじいちゃん、おばあちゃん、会いに来たよ!」

e0197434_17523887.jpg

日暮里駅近くの佃煮やさん。
ここは昔から通っていたお店。
今日も忘れず佃煮を買いました。

e0197434_17523817.jpg

親戚総勢8名でドヤドヤとお昼ご飯に向かったのは「天外天」。
私は担々麺。でもみんなでいろいろ分け合って、にぎやかなおしゃべりタイム。
岸朝子さんも通われたそうで、「おいしゅうございました」
[PR]
by brighten-s | 2012-03-18 17:52 | | Comments(4)