カテゴリ:町( 80 )

夕暮れ

e0197434_1248858.jpg

昨日の夕方、散歩の途中で空を見上げたらスジ状の雲があって、
「秋の空だなあ」と思っていたら、
見る見る赤く染まりました。


e0197434_12481078.jpg

この後すぐに雲はグレーになり、
家に着いたらもう真っ暗でした。
昔の人は秋の日は釣瓶落としって言ったけど、ほんと。


台風一過。季節も変わりますね。
被害にあわれた地域の一日も早い復興を祈ります。



e0197434_12481225.jpg

マシュー家は台風関東直撃の中、
マシュー抜きで結婚式に列席しておりました。
でも都内は午後には雨も上がり、
みんな笑顔のステキなお式になりました。

とても美しかったMちゃん、
末長くお幸せに♪( ´▽`)




もうひとつ、マシューお留守番の件。
フラガール以来注目している
李相日監督の最新作「許されざる者」


いつも感じるのは作品に引き込む力です。
監督のメッセージから観客をそらさない。
それは説明をできる限り省いた脚本と、
それを伝える映像から生み出されます。


朝日新聞の佐藤浩市との対談で、
役者の演技でなく、
そのたたずまいで作品を見せたいと語っていました。
今回監督の意思が通じたのは柳楽優弥だと思う。
まさしく彼はアイヌと倭人の混血でした。

タイミングよくBSで、
オリジナルの「Unforgiven」をやっていました。
見比べると、
細部まで綻びのない李監督の才能に誰もが気づくはずです。




e0197434_12481324.jpg

マシュー。



e0197434_12481412.jpg

お留守番ありがとね。
[PR]
by brighten-s | 2013-09-18 12:47 | | Comments(2)

都会の緑

e0197434_11134074.jpg

田舎の緑もいいけれど、都会の緑もまたステキ。
三菱一号館美術館。
奥のレンガの建物。



e0197434_11134411.jpg

この一画は緑がいっぱい。
中庭ではみな思い思いに緑を楽しんでいた。
こういう景色、ちょっと東南アジア⁈

e0197434_11134755.jpg

e0197434_11134863.jpg

美術館の中から見るとこんな感じ。
ビルの谷間の緑も魅力的。


今回は浮世絵展。
パリ博では浮世絵が大人気で、
ジャポニズムの一大ブームが巻き起こったと言う。
ゴッホは浮世絵を模写し、
モネのジヴェルニーの食卓には
浮世絵が飾られていた。
海を渡って響き合っていたのだ。


e0197434_11135061.jpg

歌川広重の版画の斬新な構図と色合いに魅せられ、
今、江戸時代の日本絵画に興味がある。
やっと自分の国に戻ってきた。
これは珍しい広重の短冊に描かれた錦絵。



e0197434_11135233.jpg

美術館を出ると午後の風が吹いていて、
ペニンシュラの前のテラス席でお茶をしていると、
新郎新婦がみなの祝福を受けていた。
香港の街中のようだ。


e0197434_11135449.jpg

ランチに入ったベトナム料理店で、
ベトナムコーヒーを初体験。
練乳入りの濃いコーヒーがおいしかった。

実にアジアンな休日053.gif
[PR]
by brighten-s | 2013-08-13 11:13 | | Comments(0)

埼スタ

e0197434_1334069.jpg

引っ越し前から楽しみにしていたゲームに行ってきました。


e0197434_1334298.jpg

デイゲームしか来たことがなかった埼スタ。
初めてのナイトゲームです。
近いってすばらしい( ´ ▽ ` )ノ


今回はアーセナル戦ということで、
みんなレッズファンでありながら、
アーセナルに黄色い歓声が飛んでいました。
なかなかアーセナルのユニフォームが多かったですよ。
GUNNERと書かれたスカーフを巻いたマスコットも登場。
恐竜?

e0197434_1334466.jpg

こんなに近くで見るのは、
レッズがJ2に落ちて大宮公園サッカー場であった
アルディージャ戦以来かな。
今、強いね、アルディージャ。
スタジアムも立派になって。


私はベンゲル監督のチームを一目見たかったのです。
さらっと2得点で勝っていきました。
みんなうまい‼
プロの試合で充分楽しませてくれました。


e0197434_1334452.jpg

ナビではうちから10キロだったのですが、
行きは駐車場探し、帰りは出口渋滞…
えらい大変でした。
自転車で来られたんじゃない(笑)



オマケ /マシュー専属カメラマン撮影
e0197434_10274347.jpg

[PR]
by brighten-s | 2013-07-27 12:44 | | Comments(0)

頑張れ〜!

e0197434_11385255.jpg

甲子園の季節です。
埼玉大会も始まりました。
私も恒例のH東高の野球応援に、県営球場に出かけましたよ。

前のおじさんのTシャツ。
「投げても打っても走ってもだめだけど、
情熱だけはあります。私を使ってください!」
的なメッセージ。
情熱だけじゃ勝てないね、やっぱり。


e0197434_11385599.jpg

県営球場は氷川神社の奥にあります。
大宮公園の端とも言うのか、
入り口の横にはかわいいメリーゴーランド。


e0197434_11385752.jpg

池には噴水も上がり、


e0197434_11385931.jpg

本殿近くには太鼓橋。


e0197434_1139249.jpg

これ、ずいぶん古そうですね。


e0197434_1139415.jpg

名物氷川だんごをおみやげに。


e0197434_1139681.jpg

負けちゃったけど楽しかった〜
屋根の下だったのにめっちゃ日焼けした一日でした。


頑張れ〜高校球児001.gif
[PR]
by brighten-s | 2013-07-16 11:38 | | Comments(0)

お引越し

e0197434_11312276.jpg

らんちゅうさん、お引越しです。
ちょっと狭いけど我慢してね。




e0197434_11312434.jpg

らんちゅうさん、どこ行くんですか?





実はマシュー家引っ越します‼005.gif
お父さんの生まれ育ったエリアへ南下します。
Redsの本拠地(^o^)/
さいたまシティCUPのチケットすでにゲット( ´ ▽ ` )ノ




e0197434_11312597.jpg

やだ!行かない!



始まったよ。
最近マシュー反抗期だからね。
新しいとこ、嫌いだもんね。
わかるよ、お池地方いいとこだったし、
やっと慣れてきたとこだもん。
お山が見えて、空気もおいしいし、緑もたくさん。
マシューはいっつも鳥の声聞いてたよね。



でもね、今度も見沼たんぼ地方だから、
のんびりしてると思うよ。
e0197434_11312628.jpg

こんなこともできるよ、きっと。



e0197434_11312812.jpg

んーやっぱりやだ‼


あんれ、わさおでねの。
すかたねな。
青森帰っぺか。





ってことで、
このまま引きずって来週引っ越しです(=゚ω゚)ノ
仲良くしてくださったお池地方のみなみなさま、
どうもありがとうございました。
次はもうちょっと町中からお送りしますので、
よろしくお願いいたします040.gif






追記
e0197434_13474647.jpg

ごあいさつに行ったけんちゃんとこの孔雀サボテン。
きれい(*^^*)
開花期が短いので、見れたのはほんとラッキー。
大事に育ててるからね。
[PR]
by brighten-s | 2013-05-16 10:54 | | Comments(10)

桃さんのしあわせ

深谷市に酒蔵を改造した映画館があります。
今日は、以前から来たかった深谷シネマに行きました。

e0197434_14183357.jpg

駐車場から見るとやはり蔵の感じがありますね。

e0197434_14183559.jpg

古い建物の奥では何かの撮影をしていました。

e0197434_14183292.jpg

そしてこちらが映画館。
老舗のお酒屋さんのようです。

e0197434_14183668.jpg

今日の映画は「桃さんのしあわせ」
昨年ヴェネチア映画祭で話題となり、
桃さん役のディニー・イップが主演女優賞を取った作品です。

ロードショー館でかからない佳作が見られるのが小規模館の魅力。
この手作り看板もいい味出してますね。

e0197434_14183841.jpg

スクリーンはこんな感じ。
最初に映画館の方の舞台挨拶ならぬ始まりに当たってのご挨拶がありました。
こんなの初めて!
「今日は久しぶりの香港映画です」
という第一声に何ともしあわせな気分になりました012.gif


これは映画プロデューサーのロジャーと
長年家族に仕えてきた家政婦の桃さんのお話。
いつも家を守り、子どもたちの世話をし、おいしい食事を作ってきた桃さん。
年を取って体も弱くなり、ある日倒れてしまう。
その日からロジャーと桃さんの2人3脚の毎日が始まる。

老人ホームの悲哀も胸に迫ったけれど、
ロジャーの優しい心づかいに
だんだん子どものように甘えていく桃さんがいとおしかった。
だれも、人生の最後は無垢な子どものように、
自分をそのまま受け入れてくれる人を求めるのだろう。
桃さんのささやかな人生はしあわせだったと思う。



ロジャー役のアンディ・ラウは香港スターだけにアクションものが多いのですが、
この映画で等身大の人間像を演じ新境地を開いたと言われています。
セリフのないカットで見せる演技はさすが053.gif
お気に入りベスト3に入れたい彼の代表作「インファナル・アフェア」で
共演した俳優仲間がゲストで顔を見せていました♪

香港の町並みも夜景も見られて、香港にいる気分が味わえたし、
また行きたくなったよ〜016.gif


中国つながりで...
主人の実家を片付けていて見つけたこんなもの。
e0197434_14184535.jpg


開けてみると、中にはしおりが数枚入っていました。
e0197434_14184152.jpg


e0197434_14184362.jpg

細かい手作業で切り抜いたように見えます。
外側は皮素材で、中は色紙。
上海の観光名所を描いているようです。

義父は戦争末期、中国で食糧輸送兵として従軍していたということ。
「恐ろしく汚い町だったけど、飯がうまかった」と話していたようです。
「花火の音を聞くと大砲の音を思い出して嫌いだ」とも言っていました。
書斎から見つかったものではないし、
これが義父とどのようにつながっているのかもう聞く手立てもないのですが、
中国の香りとお義父さんの思い出として、
大切に持っていようと思います。
[PR]
by brighten-s | 2013-02-20 13:14 | | Comments(8)

ほっこり展

隣町で「織ったり編んだりほっこり展」があり、
初めて「家具スタジオ 木の香」に行ってきました。

気づかなければ通り過ぎてしまうような、
ごくごく普通のおうちの前に小さな看板が出ていて、
「いいのかな」と不安になりながら、
ガラガラと木の引き戸を開けてお邪魔すると、

e0197434_17563874.jpg


陽の光が差し込んで、何とも懐かしい木造のお部屋に、
家具や工芸品、雑貨などが展示販売されていました。

e0197434_1756593.jpg


一番気になったのはこの灯り。
うさぎが月を見ている。
暗い部屋で見るとほんとにいい感じとのこと。
そうだろな♪

e0197434_17571316.jpg

「漉工房」とプレートがあり、和紙素材でできているようでした。
小川町は和紙の町、都幾川町は木工の町。
地元の良いものを集めているんですね。


そしてひとときいろいろ見せていただいた後、
メイン企画のほっこり展から手紡ぎ毛糸のマフラーを購入。
e0197434_17572636.jpg


なんかほっこり012.gif
[PR]
by brighten-s | 2013-02-02 18:10 | | Comments(4)

町歩き

最近、車なし生活を強いられているワタシ...免停ではありませぬゾ
役場まで行く用事があったので、
運動不足解消に歩いていくことにしました。


役場は荒川の対岸になります。
うちから行くと、荒川の前に深沢川を越えます。
その搦め手橋から見た川。これが荒川に注いでいます。

e0197434_11514769.jpg

車ではよく通り、歩いてもいた橋だけど、
こんなに深くてきれいだとは知らなかった。
どこかの景勝地のよう。
深沢川と荒川に守られて、
鉢形城は北関東からの軍を阻む要塞だったというのがわかります。

荒川を越え、寄居駅を通って役場へ。
改札前にこんなものができていました。

e0197434_1254664.jpg

「平成25年度秋季 第37回全国育樹祭が寄居町で行われます」
そう言えば、新聞に皇太子殿下が植樹にいらっしゃるという記事がありました。

e0197434_126498.jpg

これは改札前の通路。
ヤブランが置いてあります。
説明によると、用土の村越農園さんがヤブランの全国シェア5割を担っており、
農業コンクールで名誉賞に輝いたそうです。
花が咲くと、またきれいなことでしょう。

寄居駅は八高線と東武東上線と秩父線が乗り込むターミナル駅。
それにしても誰も歩いていない...
人口3万5千人の小さな町のお昼の駅です。
駅員さんのおしゃべりだけが聞こえていました。

用事を済ませ、買い物を少しして、元来た道を戻ります。
おみやげに、寄居の人ならだれでも知っている
「たいやき あきちゃん」で鯛焼きをゲット001.gif
e0197434_126228.jpg

赤い屋根が目印です。


そして荒川を渡るとき、なんと白鳥に遭遇!!!005.gif
何の気なしにiPhoneを向けていたら4羽横にきれいに並んで飛び立ちました。
あわてて撮りましたがあっという間に飛んで行き、
「あーあ」と思っていたら、
Uターンしてこちらに向かって来るではありませんか!
またカメラを向けるも、HDRモードにしていたため連写できず、
こんな写真だけ......007.gif白鳥にも見えんし002.gif

e0197434_11514797.jpg

白鳥は私の頭上を上流へと仲良く飛んで行きました。
写真もよく撮れず、自分でもじっくり見られなかった空中ショー。
すんごく凹んだ(T。T)


トボトボと、心の整理がつかぬまま歩いていると、
鉢形駅前のペットショップにつがいの鴨?
e0197434_12265390.jpg

ペットショップの店先にこんなのがいるなんて、レアじゃない?
得した感じ♪
こんなに近くで見たの初めて。きれいな色。
そんなこんなでいいお散歩となりました。


絶好のチャンスを逃して残念だったけど、
素人なんてこんなもの。ケータイカメラだし。
鯛焼き食べてまったりしよう。
e0197434_12271478.jpg



マシュー君、いい子でお留守番ありがとうね053.gif



って、だれじゃ〜〜041.gif
e0197434_122750100.jpg

[PR]
by brighten-s | 2013-01-25 11:51 | | Comments(10)

国立近代美術館フィルムセンター

e0197434_1629797.jpg

学生時代、シナリオ研究会に入っていて、
映画マニアの先輩たちの話を横でボーっと聞いていました。
その中に「1年間で300本以上の映画を見る」という先輩がいて、
フィルムセンターに通っていると言っていました。

私は一度も行ったことがなかったのですが、
若い頃「1日に3本立てを3館はしごした」という父と一緒に、
初めて京橋のフィルムセンターに出かけました。

父は石原裕次郎ファンだと記憶していたので、
日活映画の特集だからちょうどいいと思ったのですが、
実は洋画が好きだったらしく、西部劇のポスター展を見て
「ここにあるポスターの映画の9割は見たな」と結構自慢げ。

e0197434_1629296.jpg

常設展で日本映画史の紹介があり、
小津安二郎監督「東京物語」のポスターと台本がありました。
リメイクされた「東京家族」が公開になりますが、
山田洋次監督がインタビューで「家族とは何でしょう?」という質問に、
「難儀なものなんでしょうね」と答えていたのが印象的でした。

その日上映された古い日活映画「夏の嵐」も、
家族の葛藤と青春の感情を描いたものでした。

甘えて期待して、それで失望して頭にきて、でもときには会いたくなって。
安心したり、逃げ出したくなったり。
そんなことの繰り返しが家族なのかもしれません。




e0197434_1629441.jpg

       このヒトも大切な家族。このヒトの難儀 うれション042.gif
[PR]
by brighten-s | 2013-01-13 17:14 | | Comments(2)

異空間

少し気分を変えて...036.gif


e0197434_11111253.jpg

国立新美術館まで。
都内も紅葉が始まっていて、秋空に映えます。

e0197434_11254692.jpg

リヒテンシュタイン展。すでに10万人突破と新聞にありました。
侯爵家に代々受け継がれた美術収蔵品の数々。
絵画だけでなく、家具や調度品、タペストリーなども公開され、
当時の華やかさを偲ぶような展示の仕方にも圧倒されました。

ナチスドイツの戦火が迫る中、
美術品を命がけで守った侯爵家の芸術を愛する精神が、
こうして私たちに貴重な作品を届けてくれたのです。


e0197434_11111219.jpg

何とも贅沢な時間を過ごした後は、しばし休憩。
e0197434_11362190.jpg


明るい光の中でゆっくりおしゃべりしたので、
少し歩こうか、ということで東京ミッドタウンにも足を伸ばしました。
e0197434_1139711.jpg

夏の夕方なんて、このテラス席、いいだろうな。




e0197434_11402955.jpg

ショッピング街は高級ホテルのような空間。
虎屋さんもこんなにおしゃれ。
e0197434_1141321.jpg

地下のセブンイレブンもこんな感じでどこかの空港にいるみたい。
e0197434_11411768.jpg

日ごろよく行くTSUTAYAもこんなにシック。
旅行気分で写真を撮ってしまいました。


e0197434_11413514.jpg

最後はお散歩中のワンちゃん。
東京のど真ん中でも普通にお散歩している037.gif
[PR]
by brighten-s | 2012-11-15 11:11 | | Comments(6)