カテゴリ:旅( 17 )

山小屋

e0197434_14475950.jpg

(; ̄ェ ̄)

お客様。
今回からガードの後ろでお静かにご乗車いただきますよう、
重ねてお願いいたします。


車に乗ると大興奮のお客様。
ブレーキとともに前進し、
座席のすき間から手を伸ばし、
ときには体も伸ばして運転手やナビ係を襲います。
ヨダレや毛もすべて前方向へ。
なので、運転手さんがお手製ガードを取り付けました。
いい感じじゃな〜い(ᵔᴥᵔ)



e0197434_14475980.jpg

あいにく雨続きのお山。


e0197434_14480025.jpg

でもへっちゃらけの二人です。



e0197434_14480060.jpg

遠出はなしで、ゲストをお招き。



e0197434_14480014.jpg

シャロン嬢。
好奇心旺盛で人懐こい女の子です。
激吠えマシューにひるむことなく、
実にマイペースで動き回っていました。
でも、バニのほうが好きね♪



e0197434_14480167.jpg

朝もやの中の散歩。
標高1500mにある山小屋。
夜も霧が濃く、行く手の見えない怖さを実感。
自然界は人間の力が及ばないところですね。



e0197434_14480185.jpg

お花はあまりありませんが、
ヤマユリでしょうか、きれいに咲いていました。



e0197434_14480103.jpg

バニさん、野山を駆け回る図もなし。
ごめんよー



e0197434_14480197.jpg

帰り道の浅間サンラインから見た浅間山。
この日は少しだけ青空も見え、
浅間山の裾野ののどかな風景を楽しみました。









[PR]
by brighten-s | 2017-08-18 14:09 | | Comments(2)

松本へ

e0197434_21514245.jpg

二の丸跡はワンコOKです。
ここから眺める松本城。
本丸には近づけないけど、
平民ですから仕方ないよねということで納得。
私は一度天守閣まで登っているのですが♪


e0197434_21514219.jpg

外堀では白鳥が羽を休めていました。
非常にウェルカムモード。
人慣れしてる?



e0197434_21514281.jpg

あまりに大きいので鳥と認知しなかったバニ。
鳥さんいるよーと教えてあげたら、
このとおり、かぶりつきでセット中。



e0197434_21514354.jpg

本丸まで行かれなかったのですが、
お城の外に、あら、本丸!

実は古本屋さん。
テレビに出てましたよ、ここ。
本丸の改修工事中に、
観光客向けに似せて作ったものだそうです。
一応近くで見れてよかった。


e0197434_21514321.jpg

蔵造りの街並みを散歩して、
城下町の風情を満喫…
していたところでまた雨が降り出し、
急いで駐車場まで戻ることに。
でも本降りにならずに止んで助かりました。



e0197434_21514388.jpg

太陽も出てきて暑くなり、
マシューは湧き水をたくさんいただきました。
また林道コースで帰らなければならないのでね。






今回はお山行きは結構強行軍でしたが、
いろんな経験ができました。
何より山道でもマシューもバニも頑張ってくれて、
ありがとうね。

マシューは山小屋近くの散歩がとても気に入り、
嬉しそうにあちこち探検してました。
バニは心配でリード離せなかったね。
大好きすぎる林ばっかりだから。
温泉に向かう道で、夜、何回も鹿に遭遇。
ヘッドライトに突然飛び込んでくるんです。
軽やかに走り抜けますが、
万が一車にぶつかると車が壊れるとか⁈


e0197434_23095920.jpg

帰り道はぐっすりのマシュー。
見沼に戻ったらいきなりの夏日で、
山の涼しさが恋しいです。









e0197434_23123765.png










[PR]
by brighten-s | 2017-07-03 23:10 | | Comments(4)

美しが原

e0197434_09452633.jpg

お出かけです。
ヒャッホ〜!な感じ?
車大好きバニと緊張混じりのマシューです。



e0197434_09452774.jpg

最初の休憩地点は軽井沢の千住美術館。
カラーリーフガーデンをのぞいて、
やっぱり素敵♪ と嬉しくなり、
浅野屋でお昼のパンを調達。




e0197434_09452745.jpg

そして一路美しが原高原へ。
曇り空でしたが、気持ちよい高原の景色が広がっていました。



e0197434_09452754.jpg

お!



e0197434_09452892.jpg

こちらに気づいたみたいで。



e0197434_09452810.jpg

ご挨拶。



e0197434_09452832.jpg

ご挨拶。
マシュー、やるね〜。激吠えなし(笑)



e0197434_11152913.jpg

小雨が降り出して山小屋着。



e0197434_11153098.jpg

山小屋近くにあったお花。
アジサイのように見えますがどうかしら。


e0197434_11153001.jpg

翌日はやっぱり雲行きが怪しかったので、
ハイキングはやめて松本へ。
途中のツツジの群生地です。

しかーし!
上田から松本、遠かった…
山二つ越え、カーブカーブの林道走行。
バニさんマーさん、よく頑張りました。



続く…
[PR]
by brighten-s | 2017-07-01 09:31 | | Comments(0)

熱海

e0197434_20132569.jpg

もう先週の話。
久しぶりの親孝行で熱海に行きました。

熱海は子供のころ家族旅行で行っただけで全く覚えておらず、
結婚してから、
伊豆に行く途中にお宮の松の前を通った記憶しかありません。
でも父は若いころに何度か来ているようで、
昔話を楽しそうにしてくれました。


e0197434_20132575.jpg

この旅行は父の兄妹4人で計画したもの。
長兄が高齢で足も悪いので、
少しでも歩けるうちにということでした。
それに、孫第1号の私とラストの第9号がお供です。
私は賑やかし、9号は介護&運転担当。
総勢6名。プロの介護士つきの旅行です(笑)


幹事はしっかり者の末妹のおば。
長兄のためとは言え、そこはおばのこと、
MOA美術館を組み込みました。
私は初めてなのでラッキー!
しかも、長兄お留守番⁈



e0197434_20132602.jpg

美術館は高台にあり、眺望抜群です。


e0197434_20132688.jpg

基本撮影可であることを知らず、
これは他の人が撮っていたので撮りました。

国宝 色絵藤花文茶壺

江戸時代のものとは思えぬモダンな意匠で、
今も色褪せぬ美しい色合いです。


琳派が中心で華やかなものも多いなか、
私が一番気に入ったのは酒井抱一の麦畑にひばりがいる絵。
緑の麦の間にいる小さなひばりが見沼を想わせました。


e0197434_20300760.jpg

茶道具も多く、
茶道の師範であったらしい姉おばも喜んでいました。


e0197434_20300802.jpg

お庭もまた落ち着いた空間です。



e0197434_23213399.jpg

父がこれだけは見たいと言ったのが、
お宮の松がある公園の花。
ジャガランダという紫の花です。
今が見頃で、父もガラケーでパシャ。



e0197434_23213464.jpg

そして来宮神社へ。
山の中の神社だったのに、
ずいぶんきれいになったと父たちは驚いていました。



e0197434_23213465.jpg

樹齢二千年のクスノキがパワースポットになり、
若い人たちに人気なんだそうです。




まあよくしゃべるシニアパワーに押されながら、
やっぱり生まれ出た家の安心感を感じつつ、
無事に二日間を過ごしました。



祖父は旅行好きで、
私が大学のときに祇園祭りに二人で出かけた思い出があります。
祖父母にとっても熱海は馴染みのある地だったようで、
父たちも両親を懐かしんでいました。
私は曇りがちのお天気と古さの残る町の感じに台湾を思い出しました。



余談ですが、この家系、魚とお酒が弱い。
なぜ熱海? お刺身食べないのに?
よって、おいしい写真はありません(u_u)




家族、いろいろあるけど、大切な絆です。











[PR]
by brighten-s | 2017-06-16 11:50 | | Comments(0)

小心

小心者のワタクシ。
こう言われるとすごく心配になってしまう。


e0197434_19340594.jpg

旅行中、雨続きだったので、
だれが雨女かはわかりませんが、
実際足元は滑りやすかったのです。

でもね、確か英語では mind だったから、
気をつけてねーの意味なんだけど、
すごく心配になる。


e0197434_20072469.jpg

開店待ちのようですがプラットホームです。
車内にも 小心 がいっぱい書いてあり、
地味に緊張しました。



e0197434_19455894.jpg

豆乳スープのお店に貼ってあったもの。

地球のために二酸化炭素を減らしましょう、
ゴミを減らすためにエコバッグ使ってね!的な。
何処も同じ。
愛地球 ってストレートだな。


e0197434_19455934.jpg

士林マーケットのケータイやのお姉さん。
この姿勢でずっと歌ってたよ。カラオケ?
手機配件 確かに。


e0197434_20072401.jpg

なるほどね〜なネーミング。

どうしてもツッコミどころを探してしまう(笑)



帰りにduty free で口紅見てたら
きれいな店員さんが寄って来て、
それもすごく近くまで来て、
下の方を見るのにしゃがんだら一緒にしゃがんで、
私が手に取った口紅見て
「それ、いいね」と日本語で一言。
って友達か⁈


e0197434_20072497.jpg

1人でお散歩中の方。
車が結構通るので 心配しちゃった。
小心!小心!



e0197434_20072523.jpg

どんなもの食べさせられるのかな、心配。



どこまで突っ込む?という感じなので。



e0197434_18382008.jpg

中正記念堂の衛兵さんの交代シーンで引き締めて。



e0197434_18382088.jpg

台湾花布と台湾刺繍で小心を癒しましょうか。


以上、旅行記でした。












[PR]
by brighten-s | 2017-03-14 19:31 | | Comments(2)

謝謝

e0197434_17375608.jpg

久しぶりの成田空港、搭乗ゲート前。


日常から非日常へ向かう解放感、高揚感、
そして何割かの不安と少しだけ混じる寂しさ。
いろんなものが入り混じったこの感覚が好き。



e0197434_17375629.jpg

到着したのは台湾桃園機場。
アカデミー作品賞ノミネートの「ライオン」
台北でもロードショー中。
広告看板だけでしみじみしてしまう。



e0197434_21361197.jpg

ビル街を曲がると。



e0197434_17375612.jpg

どこか昭和な感じがある台北の町。


e0197434_21361173.jpg

夜市の賑わいは観光客だけでもなさそう。



e0197434_21361240.jpg

豆花。タピオカ、お芋入り。
感動的な美味しさ!
沖縄のぜんざいの味もよみがえる。




e0197434_21361291.jpg

アートな華山エリア。



e0197434_21361327.jpg

都会的なお店も点在する東門。


e0197434_22442744.jpg

そして湯ばあばの九份。



e0197434_21361324.jpg

早朝から並んだ豆乳スープ。
香港のおかゆの豆乳バージョンみたいな。
これ、長蛇の列に並んだだけのことあった〜
県泰豊本店でも並んだけど、
日本支店に何度も行ってる友達が「うん、同じ味」と言い、
こちらが今回の大ヒットでした。

「日本でこの味でお店やったら絶対お客さん来るよね!」
と興奮していた友達。
ぜひやっていただきたい♪




東日本大震災のとき、
台湾は自分のことのように日本に思いを寄せてくれて。
でも日本の国としては、中国に対してしか公の感謝を述べられなかった。
それを知った台湾好きの人たちが、
メディアを通して日本として台湾に感謝したいとネットで呼びかけて、
私も賛同して募金したことを思い出す。
たしか新聞数紙に日本の心からの感謝として掲載された。

あれから6年。初めて台湾に行った。
なんだか親戚の家に泊まりに行った気分がした。
中正記念堂の蒋介石の写真にはジーンと来てしまったし。
迎えてくれてありがとう、台湾。






















[PR]
by brighten-s | 2017-03-12 17:25 | | Comments(2)

残暑厳しき

e0197434_12314409.jpg


雲の多い朝。
湿度が高いけど、さすがに沖縄ほどではありません。




e0197434_12402359.jpg




年間観光客数700万超。
一大観光地に発展した沖縄は今基地問題で揺れています。
政府の思惑と県民の願い。
どう着地するのでしょうか。


e0197434_12543527.jpg



レンタカーの事務所に向かうバスのラジオは終戦記念日番組。
いやおうなく聞かされた玉音放送で、
浮かれた気分がピリリと引き締まりました。
原爆投下という卑劣な攻撃に対し、
国民を、いや人類を守るために決断したとの内容。
その裏には、
原爆がそれほど威力のある兵器である
という米側のメッセージがあったとは。



e0197434_13531059.jpg



ブセナテラスの海中展望台。
残念ながら波が荒く視界は悪かったのですが、
橋からのぞきこんだだけでも魚がいっぱい。
でもサンゴは死滅しているように見えました。



e0197434_14033003.jpg




それでも沖縄の魅力は尽きません。





e0197434_14081407.jpg




海と空は一日に何度も表情を変えます。




e0197434_14092535.jpg



南国ならではの植物も目を楽しませてくれます。




e0197434_14104935.jpg



ここが同じ日本だなんて。
















e0197434_14122110.jpg



またいつもの毎日が始まりました。




e0197434_14130597.jpg



サルスベリも終わります。





おみやげ
私の好きな琉球ガラスの一輪挿し。


e0197434_15555576.gif

[PR]
by brighten-s | 2015-08-22 12:30 | | Comments(2)

70th memorial day

e0197434_21525933.jpg



in Okinawa








[PR]
by brighten-s | 2015-08-15 21:51 | | Comments(0)

アート…

e0197434_14353320.jpg

思いがけず芸術祭真っ最中の直島に旅することになり、
正直「アート」と名付けられるものにはちょっと腰がひけていたので、
あまり期待しないでいたのだが、新しい発見があった。


e0197434_14353542.jpg

倉敷の大原美術館を見たあとの本村の家プロジェクトは、
何をどう見ればよいのかわからず、結構戸惑った。
でも、南寺に入り、
真っ暗闇の中からだんだんと光やモノを感じる体験をして、
全身で感じることを少し理解できた。



e0197434_14354020.jpg

2日めの地中美術館は、その体験から考えるのをやめた。
そうすると、心地よい空間と作品を楽しめた。




e0197434_14354254.jpg

自然とコンクリート、鉄といった対極にあるものの融合
というコンセプトも感じられた。



宿にあった雑誌で、安藤忠雄さんのインタビューを読んだ。
デパートで漫然と歩いているのと、目的を持って見るのと、
商品の訴えてくるものが違う。
同じように、アートはそこから何かを感じようとすることが大切。
それは自分と向き合うことだ。
というようなお話だったと思う。
実にタイミングよく読めてよかった。



e0197434_1435383.jpg

つつじが真っ盛りで、直島の魅力も発見した旅だった。





おまけ1
e0197434_14354325.jpg

倉敷美観地区で見た夕方の飛行機雲。
アンディが元気玉を運んでいました。




おまけ2
e0197434_1438752.jpg

直島つつじ荘のパオの中。
モンゴル直輸入だそう。これが意外に居心地いい。
[PR]
by brighten-s | 2013-04-19 13:57 | | Comments(2)

直島

e0197434_2333029.jpg

今日はこんなものを見て



e0197434_2333198.jpg

こんなところに泊まり



e0197434_2333261.jpg

こんな夕陽を眺めました。
[PR]
by brighten-s | 2013-04-17 16:07 | | Comments(2)