カテゴリ:未分類( 56 )

やったね!

e0197434_18484973.jpg
一夜明け、さすが埼玉新聞はトップの扱いです。



e0197434_18494393.jpg
おなじみの力でもお祝いムード。
昨日はかなり盛り上がったようです。
立ち止まってスマホで写真撮る人多し。


e0197434_18504825.jpg
レッドボルテージではお店の外まで列ができていました。
何かイベントあるのかな。


先週はわが母校サッカー部は全国出場をかけて決勝まで進んだし。
残念ながら二位に甘んじてしまったけど。
嬉しいニュースでした。


でもね、ワールドカップでイタリア予選敗退…
悲しい。゚(゚´ω`゚)゚。





e0197434_21180216.jpg
お隣にあるミカンの木。
もうそろそろ食べごろの気配。



e0197434_21195802.jpg
と思っていたら、いただきました♪
柿とミカン。
どちらも甘くておいしかったです。


毎年お孫さんが来て大騒ぎで収穫していたのですが、
今年は楽しそうな声も聞こえず、
どうしてるのかしらと少し心配にもなっていました。
反対隣の奥様も長いことお会いしておらず、
お向かいのお宅はここ数日雨戸が閉まっていて、
その奥の先生が丹精込めていた畑は造成され、
何かと高齢のご近所さんが気になるこのごろです。




[PR]
by brighten-s | 2017-11-26 18:48 | Comments(0)

9月

e0197434_09264191.png
市報にいつもの芝川の風景が載りました。
夏の空と夏の雲。
川面に映って雄大な眺めです。
見沼は空と大地が近い。


「神、空にしろしめす。
   すべて世は事もなし。」

アンが引用したブラウニングの一節が浮かびます。
春にはヒバリのおしゃべりもよく聞こえるのです。


e0197434_09390375.png
変わりやすいお天気のこのごろ。
バニ、お外出たいね。



e0197434_09422678.png
お腹の空く季節到来。
アジアンハルカのタイの焼きそば。
きしめんのような平たいモチモチ麺で、
少し甘めのソースが絡んでいます。
唐辛子入りのお酢をかけると、また美味です。











[PR]
by brighten-s | 2017-09-05 09:46 | Comments(0)

魔女

e0197434_15440855.jpg

昨日はすっかり秋の気配で、
今朝は涼しいくらいでした。
8月の終わりになると咲き出すジンジャーリリー。
畑に意外に植えられていて、
いろんな種類を楽しむことができます。

私は畑脇に咲く花が大好き。
土がよいせいか、とてもきれいに咲きます。
お花で、畑のご主人にも親しみを感じます。
畑は家と同じ。
長い時間そこで過ごすので、
居心地よいように好きな花で飾ることもあるのではないでしょうか。




e0197434_15440868.jpg

薄紫のきれいな花。何という花でしょうか。



e0197434_15440929.jpg

濃いピンクがとても素敵。



e0197434_15440951.jpg

こちらは大輪の芙蓉。



e0197434_15440949.jpg

これは何?大物です。



e0197434_15441003.jpg

久しぶりにリンダちゃんにも会いました。




e0197434_15441083.jpg

「元気だった?」
内緒話が始まって、自然にご挨拶できたマシューです。



そして朝一番で向かったのは映画館。
e0197434_15441077.jpg

「借りぐらしのアリエッテイ」も「思い出のマーニー」も好きなので、
これは見ておきたかった作品です。
しかも魔女好き♪


「魔女の宅急便」と「ハリーポッター」と「もののけ姫」
を混ぜ合わせたような…
なんていう野暮な感想は抜きにして、
メアリと一緒に大冒険をしてきました!



そう言えば、春ごろ、
「魔女は真昼に夢を織る」というタイトルに惹かれ、
著者を調べたらさいたま市の聖学院大の先生だとわかりました。
著作から選んだのが、
松本祐子著「未散と魔法の花」シリーズ。



e0197434_15441138.jpg

表紙をめくると、この言葉。
もう読まずにはいられなくなり、
3巻一気に読みました。


梨木香歩の「西の魔女が死んだ」は映画版が大好き。


魔女、好きだな〜




e0197434_15441178.jpg

浦和駅近くにある人気のコッペパンやさん。
魔女ってコッペパン食べるのかしらね。














[PR]
by brighten-s | 2017-08-28 14:59 | Comments(0)

残暑厳しき

雨続きのお山から帰宅後、
真夏の暑さが戻った見沼田んぼ地方。
今日もアチかった。
そして車も日に日に増えています。
忙しい日常が戻っているんですね。


e0197434_00243938.jpg

実にのんびりしていたお盆の田んぼ。



e0197434_00243942.jpg

結構稲穂が大きくなっていました。


e0197434_00243919.jpg

いい景色です。



e0197434_00244092.jpg

前にお話ししたウリと、出回り始めたイチジク。
ウリはマシュー父さんの思い出の味。
イチジクはそのまた母さんの大好物。
マシュー家でも受け継いでいきましょう。


イチジクはまだ熟しきっていなかったので、
ワイン煮にしました。


そのワインがこれ。
e0197434_00244022.jpg

フランス駐在経験のあるお友達がワイン好きで、
ご主人がお気に入りワインを持ち帰り、
宅配便の人にお店を開くのかと思われるほどの量だったそう。
そのご主人にコスパのよいワインを聞いたところ、
最近南アフリカ産がなかなかいいとのこと。
近所のスーパーで見つけて買いました。



e0197434_00244043.jpg

このワインは
絶滅が危惧されるチーターの保護基金にもなるそうです。
遠い南アの大平原に思いを馳せました。
味のほうは勉強中の私ではお伝えできませんが。




e0197434_00244078.jpg

暑い日に庭のヤマボウシのてっぺんにトンボ発見!
ツクツクホーシの声も聞こえ出して、
やっぱり秋に近づいているのかな。
[PR]
by brighten-s | 2017-08-24 23:58 | Comments(0)

湿度

梅雨明けしてから、梅雨のようなお天気が続いています。
どんより空とムシムシ感。


今朝も厚い雲に覆われていたので、
畑エリアにお散歩に行きましたが、
まったく爽快感なし。

帰ったら、ラジオで、なんと、
湿度90%ですって∑(゚Д゚)


早速今日も朝からエアコン稼働。


e0197434_13351705.jpg

マシューは足元で朝寝。


e0197434_13351899.jpg

バニは冷たい玄関でペッタリ。


あー極楽💤



e0197434_13351888.jpg

マシュー父さんが草刈りをし、
お隣さんからGODIVAのアイスクリームを頂きました。

アイス大好き、その上GODIVA大好き父さんなので、
あー幸せ💕 と言っておりました。

ごちそうさまです♪







[PR]
by brighten-s | 2017-08-05 13:20 | Comments(0)

祖国

e0197434_21123759.jpg

芝川土手は咲き終わった菜の花の林です。
分入らないと歩けない。
梅雨前には草刈りが入るでしょう。
どんどん緑が茂る季節です。



e0197434_21123879.jpg

久しぶりにチケット売り場から並んだ国立新美術館。
ミュシャがこんなに人気とは知らなかった。
アールヌーボーに特に関心はないけれど、
スラブ叙事詩は見てみたかったのです。



歴史に翻弄されてきたスラブ諸国。
日本にはあまり馴染みのない東欧の世界。
常に侵略の脅威にさらされ、
自らのアイデンティティを模索し続けた民族でした。
悲しみと苦しみの中でも
祖国への思いを失わなかった人々でもあります。
大きな絵に囲まれ、
祖国への愛、連帯、希望を少し共有できたように感じました。



スラブ民族とはスラブ語を話すことで括られるらしい。
「祖国とは国語」
義父が勧めてくれた本がよみがえりました。




e0197434_22295167.jpg

たくさんの血と涙が流された歴史のあと、
最後の展示室はスラブの春がテーマで、
独立を勝ち取った喜びがあふれていました。
ここは撮影OKで、にわかカメラマンでぎっしり。
それがまたお祭りのようで、
みなで心からお祝いしているようにも思えたから不思議です。



何年も前、ボスニア紛争のあたり、
まだ現役だったストイコビッチが試合後、
祖国の国旗をまとってピッチを走り平和を訴えました。
たしか罰則をくらったはずですが。
シェフチェンコが祖国ウクライナを
ワールドカップに出場させるために奔走した姿も思い出されます。
スラブ民族の血が流れている二人。
現代でも彼らにとって祖国は大切な自分の立つところなのです。



e0197434_22295187.jpg

民族紛争には縁のない日本。
でも絵画鑑賞熱は高いです。


老いも若きも絵に群がる日本人を、
スラブ叙事詩を生きた人々はどう思ったでしょうか。
ミュシャが描いたこちらを凝視するような人の声を聞いてみたい。



マシュー父さんが面白い動画を教えてくれました。
DNAを調べて自分のルーツを知ると、
アメリカ人だと思っていてもドイツ人の血が入っていたりする。
それがわかると、
「ドイツ人は嫌い」と言っていた人も少し気持ちが変わるようです。
調べてみれば、世界中がつながるかもしれません。





e0197434_22295280.jpg

ジューンベリー、今年はたくさん実をつけました。
北アメリカ原産とされていますが、
日本の種と混ざっているものもあるようです。
植物の世界もつながっているんですね。





















[PR]
by brighten-s | 2017-05-31 22:59 | Comments(0)

お雛様

もう過ぎちゃったけど。
マイお雛様。


e0197434_12144618.jpg

叔母が、私の結婚のお祝いにくれたもの。
当時、陶芸を習っていて、自分で焼いてくれました。
女雛が顔を赤くしているのも可愛くて。
恥ずかしいのかなと。



子供の頃はガラスケースに入った
五人囃子まで飾られているお雛様がマイお雛様でした。
扉を開けて、お雛様で遊び出してからいろいろ行方知れずになり…

その頃は親や祖父母がどんな気持ちで買ってくれたのかなんて、
全く考えていませんでしたが、
このお雛様はもらったときの嬉しさをいつも思い出します。



もうとっくにお嫁に来ちゃったからどうでもいいんだけど、
一年中出しっ放しです(笑)







[PR]
by brighten-s | 2017-03-04 12:04 | Comments(0)

暖かい

e0197434_10293202.jpg

今朝は風もなく暖かな見沼でした。
鳥のおしゃべりもいつもよりエキサイトしている感じ。


e0197434_10293349.jpg

紅梅、満開です。


e0197434_10293337.jpg

苗木の赤ちゃんも勢ぞろい。



e0197434_10293385.jpg

ホトケノザのカーペットもだいぶできています。


立春過ぎましたね。










[PR]
by brighten-s | 2017-02-06 10:24 | Comments(0)

新年

明けましておめでとうございます。


e0197434_00000710.jpg

元日の朝、初日の出を見に行きました。



e0197434_00000800.jpg

芝川にかかる橋にはたくさんの人が集まっていました。
市立病院方向から登る朝日を待つのです。



e0197434_00000887.jpg

私も橋の上から見たかったのですが、
人見知りのマシューがすでに逆走態勢だったので、
畑から見ました。

どんな一年になるのかな。

あちこちで車を停め、
朝日に向かって家族で祈りをささげる姿に、
誰もが同じ思いで生きていることを感じました。


e0197434_00000812.jpg

帰り、新都心方向に富士山がきれい。



e0197434_00000918.jpg





今年もよろしくお願いします。
よい一年でありますように。







[PR]
by brighten-s | 2017-01-02 23:43 | Comments(2)

今年

e0197434_10595042.jpg

今年もあと少し。
久しぶりのゆっくりした年末で、
時間ができたらやろう!と思っていたことを…
50%くらいできたかな〜045.gif
暇があっても意外にできない。
忙しいほうが仕事がはかどることを実感。

e0197434_10595020.jpg


さてさて。
今年はベリーハードな年だった。
新年そうそう問題発生。
それから長年の懸案事項に次々と結論を迫られ、
もう逃げられないなと観念し、
それならそれで一年、いろんなもの括って頑張るか!
ってとにかく目の前のことをひとつひとつ乗り越えてきた。
今年頑張れば来年はいい年になる。
新しいことが始まるんだ、未来に向けて。



e0197434_10595022.jpg

私なりにできることはやったけど、
まあ、いくつか持ち越し案件ありね。
でも新しい一年に乞う期待001.gif



年末の主題歌。
アマゾンプライムで見つけた「なぞの転校生」
大好きなドラマ、再びタダで見られた016.gif
そのエンディング曲。



君がいるからどんな夢も叶うような気がしてるよ。
君がいるから諦めない。
ありがとう、君に会えてよかった。
ありがとう、僕に出会ってくれて。


人との出会いだけでなく、
絵や本や自然や出来事、自分にも、助けられた。



振り返って一番印象的な出会い。
9月に集団健診に行った帰り、
スーパーアリーナのウーマンフェスタの入り口で偶然見たフラ。
ドンと大きなおばあちゃまのフラに、
どうしようもなく癒やされた。
フラは見せるものでなく、本来自分のために踊るものなんだ。

少しだけおすそ分け ⬅️こちらクリックしてください。



e0197434_11060655.jpg

魚の姿になってきたサケ。
大きくなれよ。


ブログを読んでくださった皆さま、ありがとうございました。
2017年が皆さまにとって希望のある年になりますように。







[PR]
by brighten-s | 2016-12-29 10:12 | Comments(0)