カテゴリ:未分類( 52 )

湿度

梅雨明けしてから、梅雨のようなお天気が続いています。
どんより空とムシムシ感。


今朝も厚い雲に覆われていたので、
畑エリアにお散歩に行きましたが、
まったく爽快感なし。

帰ったら、ラジオで、なんと、
湿度90%ですって∑(゚Д゚)


早速今日も朝からエアコン稼働。


e0197434_13351705.jpg

マシューは足元で朝寝。


e0197434_13351899.jpg

バニは冷たい玄関でペッタリ。


あー極楽💤



e0197434_13351888.jpg

マシュー父さんが草刈りをし、
お隣さんからGODIVAのアイスクリームを頂きました。

アイス大好き、その上GODIVA大好き父さんなので、
あー幸せ💕 と言っておりました。

ごちそうさまです♪







[PR]
by brighten-s | 2017-08-05 13:20 | Comments(0)

祖国

e0197434_21123759.jpg

芝川土手は咲き終わった菜の花の林です。
分入らないと歩けない。
梅雨前には草刈りが入るでしょう。
どんどん緑が茂る季節です。



e0197434_21123879.jpg

久しぶりにチケット売り場から並んだ国立新美術館。
ミュシャがこんなに人気とは知らなかった。
アールヌーボーに特に関心はないけれど、
スラブ叙事詩は見てみたかったのです。



歴史に翻弄されてきたスラブ諸国。
日本にはあまり馴染みのない東欧の世界。
常に侵略の脅威にさらされ、
自らのアイデンティティを模索し続けた民族でした。
悲しみと苦しみの中でも
祖国への思いを失わなかった人々でもあります。
大きな絵に囲まれ、
祖国への愛、連帯、希望を少し共有できたように感じました。



スラブ民族とはスラブ語を話すことで括られるらしい。
「祖国とは国語」
義父が勧めてくれた本がよみがえりました。




e0197434_22295167.jpg

たくさんの血と涙が流された歴史のあと、
最後の展示室はスラブの春がテーマで、
独立を勝ち取った喜びがあふれていました。
ここは撮影OKで、にわかカメラマンでぎっしり。
それがまたお祭りのようで、
みなで心からお祝いしているようにも思えたから不思議です。



何年も前、ボスニア紛争のあたり、
まだ現役だったストイコビッチが試合後、
祖国の国旗をまとってピッチを走り平和を訴えました。
たしか罰則をくらったはずですが。
シェフチェンコが祖国ウクライナを
ワールドカップに出場させるために奔走した姿も思い出されます。
スラブ民族の血が流れている二人。
現代でも彼らにとって祖国は大切な自分の立つところなのです。



e0197434_22295187.jpg

民族紛争には縁のない日本。
でも絵画鑑賞熱は高いです。


老いも若きも絵に群がる日本人を、
スラブ叙事詩を生きた人々はどう思ったでしょうか。
ミュシャが描いたこちらを凝視するような人の声を聞いてみたい。



マシュー父さんが面白い動画を教えてくれました。
DNAを調べて自分のルーツを知ると、
アメリカ人だと思っていてもドイツ人の血が入っていたりする。
それがわかると、
「ドイツ人は嫌い」と言っていた人も少し気持ちが変わるようです。
調べてみれば、世界中がつながるかもしれません。





e0197434_22295280.jpg

ジューンベリー、今年はたくさん実をつけました。
北アメリカ原産とされていますが、
日本の種と混ざっているものもあるようです。
植物の世界もつながっているんですね。





















[PR]
by brighten-s | 2017-05-31 22:59 | Comments(0)

お雛様

もう過ぎちゃったけど。
マイお雛様。


e0197434_12144618.jpg

叔母が、私の結婚のお祝いにくれたもの。
当時、陶芸を習っていて、自分で焼いてくれました。
女雛が顔を赤くしているのも可愛くて。
恥ずかしいのかなと。



子供の頃はガラスケースに入った
五人囃子まで飾られているお雛様がマイお雛様でした。
扉を開けて、お雛様で遊び出してからいろいろ行方知れずになり…

その頃は親や祖父母がどんな気持ちで買ってくれたのかなんて、
全く考えていませんでしたが、
このお雛様はもらったときの嬉しさをいつも思い出します。



もうとっくにお嫁に来ちゃったからどうでもいいんだけど、
一年中出しっ放しです(笑)







[PR]
by brighten-s | 2017-03-04 12:04 | Comments(0)

暖かい

e0197434_10293202.jpg

今朝は風もなく暖かな見沼でした。
鳥のおしゃべりもいつもよりエキサイトしている感じ。


e0197434_10293349.jpg

紅梅、満開です。


e0197434_10293337.jpg

苗木の赤ちゃんも勢ぞろい。



e0197434_10293385.jpg

ホトケノザのカーペットもだいぶできています。


立春過ぎましたね。










[PR]
by brighten-s | 2017-02-06 10:24 | Comments(0)

新年

明けましておめでとうございます。


e0197434_00000710.jpg

元日の朝、初日の出を見に行きました。



e0197434_00000800.jpg

芝川にかかる橋にはたくさんの人が集まっていました。
市立病院方向から登る朝日を待つのです。



e0197434_00000887.jpg

私も橋の上から見たかったのですが、
人見知りのマシューがすでに逆走態勢だったので、
畑から見ました。

どんな一年になるのかな。

あちこちで車を停め、
朝日に向かって家族で祈りをささげる姿に、
誰もが同じ思いで生きていることを感じました。


e0197434_00000812.jpg

帰り、新都心方向に富士山がきれい。



e0197434_00000918.jpg





今年もよろしくお願いします。
よい一年でありますように。







[PR]
by brighten-s | 2017-01-02 23:43 | Comments(2)

今年

e0197434_10595042.jpg

今年もあと少し。
久しぶりのゆっくりした年末で、
時間ができたらやろう!と思っていたことを…
50%くらいできたかな〜045.gif
暇があっても意外にできない。
忙しいほうが仕事がはかどることを実感。

e0197434_10595020.jpg


さてさて。
今年はベリーハードな年だった。
新年そうそう問題発生。
それから長年の懸案事項に次々と結論を迫られ、
もう逃げられないなと観念し、
それならそれで一年、いろんなもの括って頑張るか!
ってとにかく目の前のことをひとつひとつ乗り越えてきた。
今年頑張れば来年はいい年になる。
新しいことが始まるんだ、未来に向けて。



e0197434_10595022.jpg

私なりにできることはやったけど、
まあ、いくつか持ち越し案件ありね。
でも新しい一年に乞う期待001.gif



年末の主題歌。
アマゾンプライムで見つけた「なぞの転校生」
大好きなドラマ、再びタダで見られた016.gif
そのエンディング曲。



君がいるからどんな夢も叶うような気がしてるよ。
君がいるから諦めない。
ありがとう、君に会えてよかった。
ありがとう、僕に出会ってくれて。


人との出会いだけでなく、
絵や本や自然や出来事、自分にも、助けられた。



振り返って一番印象的な出会い。
9月に集団健診に行った帰り、
スーパーアリーナのウーマンフェスタの入り口で偶然見たフラ。
ドンと大きなおばあちゃまのフラに、
どうしようもなく癒やされた。
フラは見せるものでなく、本来自分のために踊るものなんだ。

少しだけおすそ分け ⬅️こちらクリックしてください。



e0197434_11060655.jpg

魚の姿になってきたサケ。
大きくなれよ。


ブログを読んでくださった皆さま、ありがとうございました。
2017年が皆さまにとって希望のある年になりますように。







[PR]
by brighten-s | 2016-12-29 10:12 | Comments(0)

Joy to the world

e0197434_11393503.jpg


Wishing you
blessing of Christmas now
and throughout the coming year.











[PR]
by brighten-s | 2016-12-23 11:32 | Comments(0)

わが家新聞

昨日の朝刊一面

e0197434_11265450.jpg



臨場感あるね〜




そして今朝

e0197434_11294739.jpg



だれやねん。




新聞と言えば、
昨日ハリーポッターの新作を見てきて。
いや〜すごいぶっ壊し方、
やっぱりアメリカ上陸したからね〜
っていう感想は置いといて。
里親虐待が負のパワーを生むというストーリーは、
ハリーが人間の養親に大事にされていなかった
という物語の始まりにも通じることに気づいて、
帰って来たらあの蓮舫さんと安倍さんの顔に絶句…
じゃなくて中面の「子どもたちの居場所」という特集に、
著者J.K.ローリングが
「LUMOS」という活動を支援している記事がありました。

保護を必要とする子どもたちの脱施設化を進めているとのこと。
子どもたちに光を(ルーモス)ということかな。
著者のハリーシリーズにかける思いを知った感じがしました。



でも私は本より映画が好き。
あの魔法の町に行ってみたいです♪














[PR]
by brighten-s | 2016-12-09 11:25 | Comments(0)

かぼちゃ

e0197434_19253060.jpg

バターナッツかぼちゃ。
種が少なく、甘みが強いかぼちゃです。
水分が多く、煮物には向かないとか。


e0197434_19253065.jpg

スープにすると美味です。



e0197434_19253157.jpg

ハロウィンじゃー!



ハロウィンムードが高まっている中、
マシュー家にも不穏な空気が…



e0197434_19253176.jpg

庭の木に何やらぶら下がっている⁈

もずの早贄です。えじきはトカゲ。

庭にもずが来るのは知っていましたが、
早贄まで見せるとは。


Trick or Treat?


私、トリックって言いました?(^◇^;)


何とも不気味な光景です。


気になっていつも見ちゃう。
だれか取ってくれ〜





[PR]
by brighten-s | 2016-10-26 19:09 | Comments(2)

人と人、そして犬

e0197434_15074205.jpg

先週はいろんなことがあった。
泣いたり笑ったり。
今まであまり話したことのなかった人と、
ゆっくり話す機会もあった。
初めて出会う人もいた。
もっと話したいと思いつつ、
お別れをした人もいた。
気持ちが動かされることがあり、
心底緊張する場面もあった。

あんなこと言ってよかったのかな。
あそこでやっぱりこうするべきだっただろうか。
あの人はどう思ったかしら。
まだ心が落ち着かない。

そういうときはいつも思う。
どの瞬間も私自身。
自分を受け入れなきゃなあ。
それから、
どの瞬間も大切にしなくちゃ。
どっちも難しいんだけど…



e0197434_15074277.jpg

一年生のマーちゃん。
お留守番ありがとね。



「犬は足元でじっと待っている。
ときどき私が落とす視線に目を合わせ、しっぽを少し振る。
それを見るとたちまち記憶が50年前の海に飛び、
<あの向こうまで行けるといいね>
という声が耳元に聞こえてくる。
今まで何を急いてきたのだろう。
犬と歩くと、
これまで時間に追われて見過ごしてきた光景や
聞こえなかった音と出会う。
足を運び、嗅ぎ付け、見て、書く。
暮れなずむイタリアを犬と散歩して、
再び原点に立ち戻る。」


内田洋子のしっぽの話を噛みしめて、
私も自分に戻ろう。


e0197434_15074341.jpg



[PR]
by brighten-s | 2016-10-23 14:35 | Comments(4)