キジの親子

e0197434_16501316.png

芝川沿いの畑エリアでたまにキジを見かけるのですが、
春ごろからうちの前の畑でもときどき見るようになっていました。


畑の持ち主さんがGWにおおがかりな草刈りをしたときに、
キジの卵を発見し、
心優しい持ち主さんがその周りの草だけは刈らないでいたことを聞いていました。
12個あったそうです。


ひながかえったらしいという話は聞いていたのですが、
からすや猫に追い回されているような物音がしたとマシューパパが言って、
草むらがなくなったから子育ても大変だと心配していました。


そんなついこの間、
私の部屋からキジの親子が畑を歩いて移動しているところ目撃。
7羽くらいチョコチョコと歩いていたのでホッとしたのです。

ところが夜に襲われて逃げまどっているような音と鳴き声が聞こえ、
どうしたのかとても気になっていたのですが、
昨日、マシューパパが家族の撮影に成功。
お母さんと3羽の子どもを確認しました。


e0197434_174144.png

ひなと言ってもずいぶん大きくなっていましたね。
自然は厳しい。
お母さんもよく頑張りました。
水場が近くにないので、どう生活しているんだか。
生き残った子どもたちが無事に大きくなってくれますように。
[PR]
by brighten-s | 2016-06-09 17:11 | 自然 | Comments(2)
Commented by 住民B at 2016-06-10 07:47 x
丸くて可愛い~~、子キジ。
やっぱりヒナ特有のポヤポヤした羽毛なんでしょうね。
キジは日常的によく見ますが親子は見たことが無いです。
これは「ガンバレ!」って、拳、握っちゃいますね!

brighten-sさん、ずっとお花づくしのブログ、楽しんでます。お部屋のビオトープも素敵でした。室内に水のある景色っていいですね。何してるかな~って、覗きたくなっちゃうけど(^^)

Commented by brighten-s at 2016-06-11 11:37
*住民Bさん、キジ見ますか、やっぱり。
寄居町でも見ましたよ。
でもこんなところでヒナが孵るなんてね。
近くに行きたい気持ちを抑えて応援します。
メダカ飼育が今流行りらしいです。
私としては一番手がかからないので選びました(^。^)
結構存在感あるもんです。
<< 猫のこと ゲンジボタル情報 >>