国立近代美術館フィルムセンター

e0197434_1629797.jpg

学生時代、シナリオ研究会に入っていて、
映画マニアの先輩たちの話を横でボーっと聞いていました。
その中に「1年間で300本以上の映画を見る」という先輩がいて、
フィルムセンターに通っていると言っていました。

私は一度も行ったことがなかったのですが、
若い頃「1日に3本立てを3館はしごした」という父と一緒に、
初めて京橋のフィルムセンターに出かけました。

父は石原裕次郎ファンだと記憶していたので、
日活映画の特集だからちょうどいいと思ったのですが、
実は洋画が好きだったらしく、西部劇のポスター展を見て
「ここにあるポスターの映画の9割は見たな」と結構自慢げ。

e0197434_1629296.jpg

常設展で日本映画史の紹介があり、
小津安二郎監督「東京物語」のポスターと台本がありました。
リメイクされた「東京家族」が公開になりますが、
山田洋次監督がインタビューで「家族とは何でしょう?」という質問に、
「難儀なものなんでしょうね」と答えていたのが印象的でした。

その日上映された古い日活映画「夏の嵐」も、
家族の葛藤と青春の感情を描いたものでした。

甘えて期待して、それで失望して頭にきて、でもときには会いたくなって。
安心したり、逃げ出したくなったり。
そんなことの繰り返しが家族なのかもしれません。




e0197434_1629441.jpg

       このヒトも大切な家族。このヒトの難儀 うれション042.gif
[PR]
by brighten-s | 2013-01-13 17:14 | | Comments(2)
Commented by B&J at 2013-01-13 19:14 x
こんにちは〜★
懐かしい映像と、その台本などが見られるのですね? フィルムセンター、いってみたいです☆
外国の田舎町である当地ですが、大きな大学があるせいか、変わり者が多く住んでいるからなのか、個人経営のシアターで、日本の映画を時々上映してくれます。「東京物語」は、私も息子と観に行って、帰り道に、じ〜っと息子を観ていたら「はい、はい、はい。。。だからいっしょにいきたくなかったんだよな。。。」と言っていました。
山田洋次監督でリメイクされたのですか? それは楽しみですね。
小津安二郎の間合いには、人を考えさせる力がありましたが、同時に、ちと眠くなることもあったかもしれません。。。(-_-;) 山田洋次は、どう表現するのでしょうね? 永遠の美女、原節子は、何方が演じるのか?
楽しみです!
マシュー君は、もうすっかり家族の一員ですね! 歓喜のCですか? 女の仔に多いみたいですが、男の仔にもあるそうですね!  いつかは治りますよね。。。σ(^◇^;)
Commented by brighten-s at 2013-01-14 09:48 x
*B&Jさん、そちらでも日本映画が見られるのですね。
「東京物語」は世界の映画監督が名作と認めているとのこと。
でも息子さんとご一緒に...それはちょっと複雑かも。
ちなみに原節子役は蒼井優です。
マシューは今朝も主人に歓喜のCを(><)
<< うちに来て1カ月 似合う? >>