同じ気持ち

e0197434_19283578.jpg

サラちゃん。ボルゾイの1歳の女の子です。

スーパーの駐車場近くで見かけ、声をかけたら、
偶然知り合いの方で、話し込んでしまいました。

ネコを見つけて追いかけようとしたり、
植え込みに顔を突っ込んだりと、まだまだ幼いサラちゃんですが、
この立ち姿。何ともカッコイイ012.gif

飼い主さんは以前ラブラドールとセッターを飼った経験があり、
17年のワンコなし生活を経て、サラちゃんを飼ったとのこと。
そういう話を最近よく聞いて、
みんな別れの辛さは身に染みているけど、
「やっぱり犬が飼いたくて」と言います。





アンディが亡くなって1カ月。
図らずも、その日の前後に見たDVDは喪失から再生の物語でした。

「ラビット・ホール」
幼い息子を交通事故で亡くした夫婦の物語。
ニコール・キッドマンが、アカデミー主演女優賞にノミネートされた作品です。

「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」
9・11で父親を亡くした少年の物語。
トム・ハンクスとサンドラ・ブロックの共演で、
これもアカデミー作品賞にノミネートされた作品です。
少年役のトーマス・ホーンがすごくいい!

突然の家族の死。
それを事実として認識し、受けとめ、自分の中で消化するには
たくさんのエネルギーと多くの時間、
そして辛い気持ちをはき出せるだれかが必要。

そのプロセスを主人公とともに画面で辿るとき、
とても自分の気持ちに近いものを感じました。

ラビット・ホールで、おばあちゃんの言葉。
「岩のような大きな悲しみは、やがてポケットの中の小石に変わる」
なくなったと思っても、手を入れるとそこにある。

みんな、多かれ少なかれポケットに小石を入れて生きていくんだな。
岩だと持って歩けないけど、小石なら歩ける。
[PR]
by brighten-s | 2012-11-12 19:28 | | Comments(2)
Commented by spring at 2012-11-13 22:13 x
初めまして。
悲しみが痛いほど伝わってきます。
小石になるにはまだまだ時間が必要ですね。
でも、元気を出してください。
一つの扉が閉じられると、新しい扉が開かれる・・・
Commented by brighten-s at 2012-11-14 22:57 x
*springさん、コメントありがとうございます。
まだ新しい扉に向かっているところ、くらいでしょうか。
でも歩いていけば、扉に出会い、やがて開かれるのでしょう。
楽しみでもあります。
<< 異空間 1カ月 >>