久しぶりの授業

近くの大学の公開講座のチラシが新聞に入り、
なんとなく興味があって申し込みました。
大学の教室に入って講義を受けるなんて新鮮。



e0197434_18261263.jpg


土曜日ということもあり、学生の姿はまばら。



e0197434_18261287.jpg



いつもだったら、ここはお昼時はにぎやかなんだろうなあ、
と想像してみたり。


e0197434_18261275.jpg



グラウンドは練習中。サッカーかな。
高校生がバスで練習に来ていたり、父兄も応援していたりで、
ここのスペースは元気でした。
ちょっと違和感があって近づけなかったけど....

e0197434_18344144.jpg



で、講義はイギリス児童文学講座「楽園としての子ども時代」
先週と今週の2回受けて、やっと講座のテーマを理解したくらいかしら。
昔読んだ本を思い出しながら、
その背景にあった歴史、思想、文化を学びました。
初めにワーズワースの詩が紹介されて、
子どもは大人の憧れ、二度と戻れない楽園という考えに、
児童文学の底流にあるノスタルジーを感じた、貴重な学びでした。
[PR]
by brighten-s | 2011-06-11 18:26 | | Comments(0)
<< 黒いさくらんぼ? ボディコンディションスコア >>