Bring him home

e0197434_1895174.jpg



この絵でいちやく有名になったコゼット。
「レ・ミゼラブル」がミュージカルになってもう25年だそうです。
日本でも今年は記念公演になるとか。

去年ロンドンO2で行われたコンサートが映画になって、
日本で1週間だけ上映されました。
新聞にあった小さな広告を見つけ、ラッキーにも見ることができました。

「レ・ミゼラブル」本はなかなか読みづらい。
ジャン・バルジャンの人生も、
パリの地下を走る下水道も、
市民たちの活動も長くて暗い。
でもミュージカルは、それをやすやすと、
愛と友情、希望と勇気の話に仕立て上げた。
それも上等の曲と詞で何ともロマンチックな話になっている。
やっぱりすごい。

いや、ロンドン版はすごかった。
何がって、キャストはあまりイメージどおりとは思わなかったけど、
歌を聴くうちにどんどん感情移入し、物語に入り込んでしまった。
その表現力と歌唱力。
ジャン・バルジャンが自分の死が近いことを知り、
自分はもう死んでもいいからマリウスを助けてくれという、クライマックス。
"Bring him home"という3つの単語が、音に乗るだけで、
なんと深いところまで連れて行ってくれることか。

スーザン・ボイルもフォンテーヌに自分を重ねていたのかしら。





e0197434_18103229.jpg

そんな先週のことを思い出しながら、
いつものサブウェイの
アボガドベジーとソイラテ。
今日はハニーオーツで。
もう、ほとんど食べちゃってるし。

いつ食べても、
「やっぱりおいしい!」




e0197434_18105486.jpg





でも最近、
サブウェイの向かいにある、
中華のお店が気になる
このごろでもあります。
[PR]
by brighten-s | 2011-01-24 18:32 | | Comments(2)
Commented by みう at 2011-01-24 22:51 x
オペラ座の怪人やミス・サイゴンなどは若い頃に
ロンドンで観ました~
レ・ミゼラブルやライオン・キングは日本で。

いつの間にか舞台に、物語に引き込まれていく感覚、わかります~
きっとロンドンO2のレミゼはすごいんでしょうね~
たまにはいいものに触れて、感性を磨かなきゃですね。
Commented by brighten-s at 2011-01-25 21:12 x
みうさん、オペラ座の怪人観たんですか!ロンドンで!
いいな〜
モーツアルト!も、ドイツ版がまたいいんですよね。
CDで聞いて、日本語と雰囲気が違うと思いました。
You TubeでO2のレミゼもちょっと観れますよ。
<< ポップコーン さぶいっ! >>