里山保全

e0197434_17382461.jpg

NPO法人むさしの里山研究会は
トンボの住む里を目指しています。
代表の新井さんは
「トンボを増やすということでなく、
トンボが群れ飛ぶような田畑の環境づくりをしたい」
と、熱く語ってくれました。

トンボやハチ、
私たちが気にもしないような
小さな小さな虫の標本まであって、
研究家の熱意を感じました。
今、トンボ写真展開催中です。
[PR]
by brighten-s | 2009-11-26 17:38 | 自然 | Comments(0)
<< 開発の波 スヤスヤ >>