マッチング

e0197434_1246051.jpg

Petit Agour au Piment d’Espelette
というチーズをいただきました。
バスク地方の特産である唐辛子を
甘みのあるこっくりした羊のチーズに練り込んだもの。

そのまま食べると少し塩味も強く、
ピリッとして濃厚な味。
ハチミツやフルーツと一緒に食べると
また美味という説明があり、
熟した柿のスライスに合わせると、
これが想像以上においしい!

味の相乗効果と言うのか、
チーズが別物になりました。
辛味もなく
塩味はただただ柿の甘味をより深く引きだし、
ねっとりとした
そう、干し柿のような味わいです…
って、ちょっと微妙なたとえですが、そんな感じ。
「あんこ食べてるみたい」と表現した人もいたなあ、そう言えば。
コーヒーにぴったりでした。
新しい発見です。
[PR]
by brighten-s | 2009-11-09 12:46 | | Comments(0)
<< 窓から オレンジ色 >>